デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

表札文字(集会所)

2017-02-12 | 赤松

最近は梅花と書道のネタが多くなりました。

今回は私の書ですが、「しょ(書)うもな(無)い字」と言わないで下さい。

この元字は、先代の神主さんの書体ですので・・!

しかし、少し変形はさせていただきました。

墨汁でなぞり書きです。

コツは先に鉛筆で文字の縁をなぞり、筆の墨の含みは中央はたっぷりと、すると少し周辺に滲みます。

文字の縁はかすれる程の墨で丁寧に塗るのです。

こうすると滲みが少なくなります。

参考:この集会所は平成6年8月に建てています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あさイチ(映画 赤松座) | トップ | 「世紀を超えて 赤松座」 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さんりんしゃ)
2017-02-12 20:05:13
こんばんは

デキタンさんの筆運びで、手野集会所も
よみがえりましたね。

建物全体が、全然違って見えますよ!
寺野シアター (デキタン)
2017-02-12 21:14:49
さんりんしゃ様

手習いは無くとも、塗り絵は出来ますので・・?
まずまずの出来栄えかと・・!

この後、道路側の壁に”寺野シアター赤松座”と題してポスターを貼り、上映会をしようかと考えています。

実は、先日二人で花火の映画を試写会しました。

プロジェクターとスクリーンを赤川監督が置いてくれていますので上映会はいつでもできるようにしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。