デキタン ドシタン

赤松の吹筒花火のはやし言葉です。こんな調子で日和佐(美波町)の出来事やマイライフを公開します。

だるま朝日1号(吹筒花火)

2016-10-16 | 花火

今回の奉納花火の成功により、今後の制作にメドが付きました。

ここ最近の失敗花火のようになれば、「火だるま1号」と呼ばれたかも分かりません。

前回は、「ビッグバン」や「テポドン」花火と酷評され続けましたが・・?

本当に吹筒花火の難しさが身に染みています。

画像のように「金より硬し」口板が、火薬の激しさに耐えていますが少し割れています。

次の木材は、銀より銅 それより真鍮か・・?

いいえ、慎重に選択制作いたします。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奉納 阿波おどり (四宮生重郎) | トップ | 直会(なおらい) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。