書の歴史を臨書する

古今の名磧を臨書、最近は米フツ。
時折、気の向くままに漢詩や詩、俳句などを勝手気侭に書いております。

谷川俊太郎詩 絶望3

2017-01-30 18:05:09 | Weblog
 
谷川俊太郎詩 絶望3
 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 谷川俊太郎詩 絶望2 | トップ | 江雪 柳宗元 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL