goo

採点スポーツ競技」で・・

「採点スポーツ競技」で、たまに話題になるのが、開催地域によって偏りがでると、、、それって安易にルール作りに問題がある、と認めてるのと同じじゃないか!

・・スポーツと、アートのどっちつかずの状態が、、もっと発展しうる可能性をつぶしてしまっているような気がする!・・そもそも、この2つは、間逆の価値観の世界のものだからだ!

スポーツは、『平等』の世界だ!・・決められたルールの中で、1秒でも早く、1mmでも遠くに、、、お互いに切磋琢磨していく世界である!・・一方、アートは、『えこひいき』の世界だ!・・おのおの好きな歌手が違うように、、自分の好きなアーティストを「特別扱い」する、されるのがアートの世界であり、そうであってよい!

・・「美しさ」の価値観においても、、、スポーツの中における美しさとは、『がむしゃら』であり、、一方、アートの中における美しさとは、『ときめき・スパークジョイ』である!


これらのことを踏まえて採点競技は、スポーツと、アートを分けた方がいいだろう!

・・まず、スポーツ分野については、評価基準を、、見た目の美しさよりも、どんなに醜くてもいいから、とにかく「技がきまるか、どうか」、そこに集約していった方が、スポーツ競技らしくなる!

・・一方、アート分野については、あれしろ、これしろ、と、、そういう枠にはめると、表現者の自由な発想の邪魔になるだけで、多種多様の作品が生まれにくくなるので、、「限りなく自由」に制作させてあげるのがよい!


問題は、アート分野をどう評価するかだが、、そもそも、『えこひいき』があたり前の世界のものを、どっちが上か下か順位をつけること事態に無理があるから、、、受賞は、おもにスポーツにして、、アート分野は、まったく違う仕掛けを作ればいい!

・・『えこひいき』の価値観をベースにして、、アート分野で、唯一ランキングをつけられる可能性があるのは、、いくらの『値』がつくかかな!・・チケット代金の中に、選手の取り分を含めておいて、、それをどの作品に渡したいかは、会場のお客さん自身に決めてもらう!・・つまり、作品を買ってもらうわけだ!

-- sample (選手の取り分10$)--
        * 返却不可、あまりは平均分配

客1 →→ 選手z 10$
客2 →→ 選手z _5$  選手f 3$  選手c 2$
客3 →→ 選手f _4$  選手c 1$  平均分配 5$



・・これを集計して、後日ランキング発表するれば、おもしろいんじゃない?

・・??

・・これって、意外と、、、年俸制のプロスポーツに応用できるかも?

年俸制の大問題は、「活躍時期」と「マネーが手に入る時期」にズレがあるところである!・・ゴルフなんかは、この時間軸のズレがなくて、つねにリンクしていて、、まさにこれぞプロの世界だ!・・しかし、年俸制の場合は、次年度に影響あるとはいえ、その年、活躍できなくても、莫大な契約金はそのままだ!・・また、あまり活躍できてなくても、ベテランの方が高くなるのもアンフェアである!

・・基本給を全選手同額にして、、アート分野の評価についての部分で示したように、チケット代金に選手の取り分を含ませておいて、それをどの選手に渡すかは、お客さんに決めてもらえばいい!

・・そして、重要なのは、誰に、どれだけ配分されてるか、常に「オープン」にすることである!・・そうすることにより、「本当のファン」の間では、あの選手は地味だけど、もっとお金を受け取る資格がある、といったことが盛んに議論されれば、配分量もうまく調整されていくだろう!

・・おのおののチームにおいて、どのような配分傾向、えこひいき傾向がでるかが、まさにその「チームの特色」となる!

・・多種多様のクラブチームを生み出すためには、当然たくさんのチーム数が必要だ!・・プロ野球みたいに、12球団で既得権ガッチリ守ってるようなものは、ダメだ!

・・また、チケット代金に選手たちの取り分を含ませておくことで、、どうすれば、もっとたくさんのファンを獲得することができるか、お客さんを増やすことができるか、ということにも、よりいっそう真剣になるだろう!

・・??

・・このシステムの名前はぁーー・・・名づけしといたほうがいいよね・・・

・・・うぅぅぅーーーん???

・・・・・『スパークジョイマネー』とか?・・コンマリにあやかって?


・・V1.02、著作権フリー、コピペ自由!!


ーーーーーーーーーーーーーーー

単語カードでの 勉強を再現(英語と漢字) & 暗算問題を使ったワーキングメモリーを鍛えるコーナーや、パズル(ナンプレすうどく、魔方陣など)のコーナーあり。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 政治家に、税... トーナメント... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。