晴耕雨読で住まいを造ろう

都会を離れ農的暮らしをしながら、日々住まいについて考え、家造りを家族と共にDIYで実現させた日記・・その後

ウッドデッキの階段を改修

2017年07月27日 |  ウッドデッキの工事
廃材で造ったウッドデッキへの階段。
雨ざらしのまま9年が経過すると、さすがに厚板を使っていても腐ってきた。
まもなく孫たちも来るので、危険な階段を直すことにした。

過去の参考記事:ウッドデッキの階段を造る 

台座部(縦材)に使用している木は、まだ充分に使えそう。
横桟は、かなり傷んでいるが・・壊れるほどでもないので、そのまま使用することに。



二段あった段板のうち、一枚が何とか使用に耐えうるようなので、階段巾を1mくらいに短くして、残りの完全に破棄する一段分の厚板を、在庫の廃材(厚み3cm)2枚で間に合わせた。

もちろん木部保護材を塗布するのだが、使い残りの材料だったので少し変色しているのと、もともと廃材なので塗りの仕上がりは美しくはない。

それと底部の横桟のために、地面と接する付近を砂利で突き固めて、地中の水分と縁切りさせた。
ま、効果のほどは期待できないが、じかに土に接するよりまし・・と言う程度だろう。


DIYシリーズ 屋根付きウッドデッキの作り方 (Gakken mook)
クリエーター情報なし
学研パブリッシング
ジャンル:
リフォーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« と言う事で、減塩梅干しの完... | トップ | 今年は、なぜかメロンが豊作だ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL