晴耕雨読で住まいを造ろう

都会を離れ農的暮らしをしながら、日々住まいについて考え、家造りを家族と共にDIYで実現させた日記・・その後

青森産”さやあかね”を植えてみた

2012年03月22日 | 野良仕事や日々の生活
 いつもなら”きたあかり”と”だんしゃく”を植えていた春のジャガイモなんだが、今年は”きたあかり”が手に入らなかった。どうやら評判が良くて多くの菜園者が早めに買っていったようだ。
そこで店頭に残っていた”さやあかね”500gを入手、男爵と一緒に植えるつもりだったのが、畝の準備が整わず、お彼岸をまわった昨日植え付けた。
(煙突掃除もやって、忙しい一日だった)

春のマイ菜園


”さやあかね”の特徴は、肉質は粉質、風味良く甘みがあり、疫病に強い品種。コロッケにお勧めで煮崩れはやや多い。ということらしい。
種イモにするために包丁で切り分けた面を見ると、サツマイモの様にかなり黄色い色をしている。

男爵と同じように一つの畝に二筋に分けて植えたが、さすがに500gは少なかった。せこいようだが、さらに種イモを切り分けてみたが、芽ひとつできちんと発芽するだろうか?
(たぶん春の植え付けなら勢いがあるので大丈夫と思うが・・)
それと今回は、二筋のうち一筋だけにミカンの皮を敷いて残りの一筋には何もしなかった。干したミカンの皮がナス科の植物に効果ありというのを確認するために。


 他の秋冬野菜が終わった畝に、残っていたミックスサラダ菜、春蒔き大根、春菊、青梗菜などの種まきを済ませた。
一部は秋蒔き種の残りなので・・発芽したとしてもすぐに花芽がつくかもしれないし、そもそも発芽しないかもしれない。
そんないい加減な農作業ができるのも家庭菜園の楽しみ・・かな?

プチ菜園生活のすすめ
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

人気ブログランキングへ
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煙突掃除をする | トップ | その後の生ごみ処理器(箱)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野良仕事や日々の生活」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL