晴耕雨読で住まいを造ろう

都会を離れ農的暮らしをしながら、日々住まいについて考え、家造りを家族と共にDIYで実現させた日記・・その後

何事も、少しづつの積み重ねが大切

2017年05月17日 | 野良仕事や日々の生活
春になると(初夏なんだけど)、冬とは異なり草が良く伸びる。
今年になって既に二回目の草刈りを済ませた。部分的に刈り残し(樹木や井戸枠の周り)があるので、近いうちに済ませないとね。
庭の手入れもそう。今は妻が、あっちの花をこっちへとか、植え替えをしたりしている。
ほとんど妻任せだが、若木の移動などは力作業になるので私がやっている。
今朝、写真に撮ってみたら、けっこういい感じ。



ま、こう言うのを 自画自賛 と言うのだけどね。

ともかく、畑も庭も、それなりの美しさを維持しようとすると、草取りや移植、種蒔きなど、毎日の小さな作業が大事です。
花壇の縁石として使っている丸い石も、たまに行く海辺で拾ってきたもの。
小さな石でも、貫くのが意志です・・なんてね。


たまに、放置しておいて良かった例も、無きにしも非ず。例えば、


イタリアンパセリを一鉢買ったのは3年ほど前だったと思う。食べきれずに放置したら、花が咲き、種子が地面に落ちて、今年はあちこちから芽がふいた。一部を鉢植えにして、友人が来たら持って帰ってもらおうと思っている。

ナチュラルガーデニング2017 (学研インテリアムック)
クリエーター情報なし
学研プラス
『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とりあえず獣対策を | トップ | 久々にペンキ屋さん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL