・・・・・・・・・・あわぞうの覗き穴・・・・・・・・・・

気が向いたときに、覗いてご覧ください。
何が見えるかは、覗く方々のお眼め次第です。

雨をたずねて:2

2017年06月16日 | つぶやきの壺焼

普通に使われている漢字、つまり常用漢字は、いちいち見ずに飛ばしていきます。

雨の下に下を書くとしずくになります。
音読みは、それと鼻の詰まった読み方のようなです。

この文字の意味を、「曲線を描いて水のしたたるさま」と解説している藤堂漢和には、「中国でもこの字をつかうが、しずくの意味に用いる場合は国字」となっています。

ところが、Google の翻訳で中国語に雫と入れてみると、日本語はしずく。

さあわからなくなりました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節感覚醒:5 | トップ | 季節感覚醒:6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。