・・・・・・・・・・あわぞうの覗き穴・・・・・・・・・・

気が向いたときに、覗いてご覧ください。
何が見えるかは、覗く方々のお眼め次第です。

雨をたずねて:4

2017年06月20日 | つぶやきの壺焼

雲はたびたび美しく、ときに激しい文様を見せてくれます。

雨と文を組み合わせると "モン" あるいは "ブン" という、雲の美しい模様を意味する字になります。
これ一文字で使った文章をまだ見たことがありませんが、華を添えた "ぶんか" という言葉があるようです。

 これを「もんか」と読むと、その名にふさわしくない行状が話題にされている、あちらさまを連想してしまいますが、雲の模様が時々刻々移り変わることからすれば、革命という物騒な事を経なければ変わりようのない「ぶんか」よりも、「もんか」のほうが似合っているのかもしれません。

「もんか」あんのか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節感覚醒:7 | トップ | 季節感覚醒:8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。