・・・・・・・・・・あわぞうの覗き穴・・・・・・・・・・

気が向いたときに、覗いてご覧ください。
何が見えるかは、覗く方々のお眼め次第です。

雨をたずねて:1

2017年06月14日 | つぶやきの壺焼

雨の季節になりました。
しばらくは、雨をたずねて歩きまわることにします。

雨は空の上から降ってくるので、たずねる先はその下ということになります。
雨冠の下が変わるとどういう字になるか、あらためてそれをたずねてみようというわけです。

なんと、初手からまだ書いたことのなかった字に出会いました。
雨の下に于の異体字を置くと 「ウ」"あまごい"という字になります。

于は、わあああという嘆息の声で、雨を求めてわあああと嘆く、雨乞いです。

雨乞いの場合は、求めるものがはっきりしていますが、何かを求めるでもなく、ただ気に入らない、反対と、わあああやっているのは何乞いというのでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節感覚醒:4 | トップ | 季節感覚醒:5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやきの壺焼」カテゴリの最新記事