・・・・・・・・・・あわぞうの覗き穴・・・・・・・・・・

気が向いたときに、覗いてご覧ください。
何が見えるかは、覗く方々のお眼め次第です。

雨をたずねて:13

2017年07月08日 | つぶやきの壺焼

雨に隹で"カク"と読む字になります。
ぱっと広がったり、散ったり、消えたり、はやい状態変化を表します。

「鬼の霍乱」ということわざのように、急性の病気にもたとえられます。

この字を二つ重ねると"カクカク"で、ピカピカひらめくさま、あわてて叫ぶさまを表します。

ここでおかしなことに気付きました。
呼び名があってもそういう読み方はない文字があるということです。
隹は、部首名は「ふるとり」ですが、音は"スイ"、訓は"とり"で、"ふるとり"という読みはなさそうです。
呼ばせても読ませない、漢字嫌いの人にはこの感じはたぶんわからないでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節感覚醒:16 | トップ | 季節感覚醒:17 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやきの壺焼」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。