阿波地域住民自治協議会

~住めば都:山里プラン~ 淀川の源流からの情報発信です

10年間の宝物掘り起こしの感動をチョッピリ事前に味わいました。

2016年10月18日 | Weblog
9日の第6回ふれあい運動会にあわせタイムカプセルOPENイベントも実施しました。これは、10前に廃校となった旧大山田東小学校校舎の取り壊し工事が始まる直前の平成18年11月26日に、『10年後の自分は?、阿波は? どうなっているか』など、いろんな想いを書いてタイムカプセルに220名が地区毎に入れ、10年後に掘り出そうと埋めたものです。
 地中1m以上の深さに埋めたと聞き、先立つ4日にタイムカプセルの状態の確認も兼ね重機により『優しく』掘出しました。(内緒にして置きましょう)
 タイムカプセルは、永年の地圧のためかへこみが見られ、内部が心配のため7個の内1個を開けたところ異常が無く、当時のまま封筒に記入者の氏名がハッキリ判読できたので、当日に備え浅く埋め戻して置いた。
 当日小雨の中、当時の西田副会長、稲森副会長、西事務局長、小林会計、安岡人権教育文化部会長と現在の藤森会長、西尾区長会長の7名がタイムカプセルを掘出しました。
 その後、体育館でタイムカプセルを開け中身の封筒を本人や家族、親せき、友人などが持ち帰り届けて頂くとしました。
 その後、10名程度の方によりメッセージの披露を行いお互いに懐かしい感動を得た一時でした。
 
事前の掘出しからOPENイベントまでをアルバムにまとめました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 運動会当日の早朝の雨に「ヨ... | トップ | 地域おこし協力隊 早川 侑志... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしい阿波小学校 (ja2ksa 籔根義大)
2016-10-28 05:21:34
昭和35年頃だったと思いますが、木造校舎解体のとき

校舎の廃棄屋根瓦を戴いて何回もリヤカーへ積んで帰

りました。 自宅小屋の屋根が杉皮でしたので、赤土を

練って瓦葺にしました。 生涯最初で最後の屋根ふき

体験を懐かしんでいます。 平成12年発行の東小学校

同窓会名簿を戴き、阿波の皆様との交流に重宝して

おります。 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL