DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

つけ麺 らーめん 春樹  板橋区大山 

2015年03月24日 | ラーメン

つけ麺 らーめん 春樹
板橋区 大山 遊座大山商店街  




住所: 板橋区大山東52-1 
TEL:
時間:11:00~23:00
休み:無し



この場所は何回もオープン、閉店を繰り返してきました。









入店すると威勢の良い声が店中から聞こえてきました。

席に座ってメニューを見ると随分とたくさんあります。
相方と違うメニューを選び食べ比べます。



らーめんはほぼ「せい家」系でのこってり、オイリーな典型的な家系の味です。

こく辛とんこつチャーシュー



のりに魚粉が乗っています。
チャーシュー・メンマは端を斜めに切った角切り、厚みが食感の良さを感じさせます。

スープは背油が浮いていないものの全体がオイリー、食べた後もオイリーが残っています。
中太ストレート麺で表面ツルツル感あり麺との相性バッチリです。



つけ麺は

麺の量は山盛りまで同一料金

普通:350g(女性向)
大盛:550g(男性向き)
特盛:750g
山盛:900g

温盛か冷盛から選べ、麺の湯で加減も選べます。



スープも粘度のそこそこある濃厚な豚骨系です。魚粉は海苔にのせられ別皿の方にいます。

まずは麺を一口・・・。旨い。
ほど良いのどごしともちもち感はいい感じです。



別皿で来たのは

角を斜めに切った厚切りのチャーシュー
メンマも同じように角切りの厚みのあるものです。
ネギは九条ネギ、京都産です。
(らーめんもつけ麺もこのネギとの相性が良いようです)




スープは濃厚ですが粘度の具合というかとろみ加減が独特です。
ベジポタ系とは違いボタボタ感はありません。
スープのとろみと麺の絡み具合がいい感じです。

スープが麺の量に比べ少ないので途中でお替りしたほうが良いかも、無料です。
バランスのいい美味しいつけ麺です。





麺は珍しく平打麺で厚みもあります。

ボタ系は服にはね、、、、、いつも困っていました。
ここで何とかせねばと・・・・・

なるべく容器に口を近づけ食べると!!

この日は一切、汚すことなく食べきりました。


★ しかし、お店では割り箸、エプロンをお願いできます。

備え付けの箸はつかみにくく麺をつかむ際、すべりやすくなっています。
ここは最初から割り箸をお願いしておきたいですね。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド料理 シマラン 板橋区 大谷口 日大病院前

2015年03月22日 | インド料理


インド料理 シマラン
大谷口 日大病院前 






店名: SIMRAN シマラン
住所: 東京都板橋区大谷口上町29-1
TEL:03-3554-4399
時間:11:00~15:00 17:00~22:30
休み:日
アクセス:東武東上線中板橋駅、大山駅より徒歩10分少々。
     池袋西口から国際興業バス 終点の日大病院下車



木漏れ日の先にお店発見、!!



グループのお客さんが見えます。




メニュー





プチスペシャル   980円

二種類のカレー・サラダ・ナン&ライス・ドリンク・プリン
辛さはベリーホット、ドリンクはマンゴーラッシーをお願いしました。

(サービスドリンク・・・ビールもOK!! )



ナンは熱々でモッチリ、
お替りOKです と言われたけど1枚で満腹です。




カレーは バターチキン(左)&サグチキン(右)
激辛でお願いしたはずですがほぼ辛さなし!!

団体で来客の日大病院の若手の方々に意識がいって忘れたか。

コックさん、アキバの名店アールテイ出身、味が本格的なのも納得です。
本格的南インド料理を味わってください。

味に深みとうまみが強く安心できる味付けです。




実はこのお店、ハッピーロードにあった「シナモン」のバブーさんがオーナーだった、場所を変え
ニューシナモン を作りました。

バブーさんが東京を去る直前、次のお店が決まったと聞いていたのですが訪れると改装中でした。
又、訪問する予定でしたがすっかり忘れていました。

当初より口コミにより話が広がり遠方からもお客さんが来てくれているようです。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中華料理 三恭 板橋区中丸町

2015年03月21日 | 中華料理


中華料理 三恭
あっさり中華そば 






店名:中華料理 三恭  さんきょう
住所: 板橋区中丸町31-1
TEL:03-3973-6153
時間:11:00~15:00 16:30~21:30
休み:月






やってきました待望のお店。

先日の『散歩の達人』 で気になっていたお店です。

川越街道、(ホンダ)を通りかかるといつも見える、のぼりの〔ラーメン〕 の文字。

いかにも町の中華屋さんの様子が目に浮かんできます。


『散歩の達人』の紹介の仕方が言葉少ないが正直なご主人を想像でき是非とも
味を確かめたくなりました。






いかにも町の中華屋さん。




メニュー   

やはりトップにあるのはラーメン。
中華屋さんは自信の一品を先頭に持ってきます。




来ました




何なの、この美しさは!!


ただし、細麺=あっさりスープ ・・・
今まで味の深さのあるラーメンにはお目にかかっていません。

このお店は他と違うようです、、、、


一口、スープを飲んでみるとさっぱりだけど味は濃厚な旨み をもっています。

単なる鶏ガラを使っているのではなく

なんと豚足&鶏の胴ガラ がベースというのもうなずけるところ!!

煮干などの節系やモミジなどを入れないところも雑味やへんな甘みを感じさせず、さすがと思わせます。

ただし、ところどころに白ゴマが舌をくすぐるのは気になるところ。

しかしこのスープがこのお店のベースの味なら他のメニューを食べてもおいしいのは疑うことはありません。

しばらく通うことになりそうです。



町のブロガーさん曰く、
「表の看板通りどこにもあるラーメン屋さん。」

「味に関してもどこにもある淡白な醤油ラーメン。
わざわざ足を運ぶほどのものではない、がっかりというか期待通りのそっけない味でした。」

・・この程度の味の達人だったのか!

たまにのぞく記事、ベタ褒めの店にしてもそれほど評判がよいとは言えません。

人様々ですがもう少し味覚を鍛えてくださいね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形らーめん 大木 板橋区 大山

2015年03月20日 | ラーメン

 山形らーめん 大木




店名:大木 たいぼく
住所: 東京都板橋区大山東町60-15
TEL:03-5944-2615
時間:11:00~16:00 17:00~23:00
休み:月


今までに経験のない山形のらーめんです。



名前を表すような大木 な看板。


無化調の文字と 牛骨の文字が見えます。



メニュー


全体が大山を意識した安めの設定になっています。
サイドメニューもあります。





お薦め・・・という事で

らーめん  700円

のり、ナルト、ほうれん草、メンマ、チャーシューが三枚。
らーめんがカウンターに出てきた時から牛骨の濃厚な香りが漂いだしました。

昔、大山にやはり牛骨スープをうたい文句にした店がありましたがうまみの薄い淡白な味でガッカリしたことがありこのお店のものとは全く違う味でした。



山形の醤油を使い香り高い、濃い目のスープに仕上がっています。




麺は丸形の以前なら中太、今の感覚で言うとやや細めの麺で透明感のある黄色い山形の粉を使ってあり麺自体も甘みのある味になっています。

少し酸味のある濃い目のしょうゆ味と牛骨の濃厚な味、スープと麺の絡みが最高です。



つけ麺 700円





具はメンマとナルト&ホウレン草と海苔1枚とざっくり切ったネギが乗っています。
チャーシューが見当たりません。



麺は丸型の細麺、透明感のある黄色い麺で、表面がつるっとしたタイプです。
麺だけ食べると甘味を感じます。これだけでもおいしい!!



スープは酸味と辛味があり牛骨独特な甘味のある味。
油の浮いた醤油味は牛骨の甘味が香るさっぱり感のある旨みの強い味になっています。

牛肉のチャーシューがスープの中に隠れていました。
歯ごたえのある甘みと赤身の良質な旨みを感じさせてくれます。

スープだけ飲むと濃い味が舌を刺激しますが麺と絡めると調和したバランスの良さを感じました。




スープ割、牛骨スープが注がれ優しい味に変化しました。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麺屋 路三 ろさん 板橋区大山 特製味噌らーめん

2015年03月19日 | ラーメン

板橋区大山 麺屋 路三 ろさん



店名: 麺屋 路三(ろさん) 
住所: 板橋区大山町15-11MHKビル 
TEL:
時間:11:30~15:00 18:00~21:30
休み:月




最近、気に入って週2回ペースで通っています。

入ってすぐ左にある自販機で食券を購入。




最近、店頭にメニュー写真が置いてあり気になっていました。


特製味噌らーめん   950円





細長い店内はカウンターのみ。

いつも清潔。




いつもこんな感じです。
マスター一人なのですが整頓されています。




オープン以来、テイシュは常にカウンターの下。
雑にならないよう気を使っています。




蓮華一本たりとも曲がっていません。





特製らーめん がやって来ました。







物が違うのかメンマは色白で柔らか。

大き目の味付け卵。

たっぷりのネギの下には大量のチャーシューが隠れています。





普通のらーめんでもおいしいけど量が物足りないチャーシュー。
たっぷり味あわせてもらいました。




麺はいつもの極太麺、少し短めな麺が食べやすくなっています。
濃厚なスープにしっかり絡んできます。

背脂が浮いていますがくどい味ではありません。

複雑なその味は豚骨+たっぷりの野菜+魚介系(鰹節系が強く感じられます)
そのトロミが強い旨みとなっています。

ニンニクが入っていますがカウンターに置いてあるニンニクをプラスして旨みをプラスしました。




(関連ページ)

麺屋 路三(ろさん) 味噌ラーメン 

麺屋 路三 (ろさん)味噌ラーメン オープン時 

麺屋 路三(ろさん) 辛味噌つけ麺 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱愛!小泉今日子、豊原功補とお泊り愛

2015年03月16日 | Weblog







【俳優の豊原功補】
1989年12月13日
住所 東京都中野区
李功補(豊原功補、木島久詞、委大鶴島矢)昭和40年9月25日生

(2015年03月14日)
女優の小泉今日子(49)に熱愛が発覚した。お相手は俳優の豊原功補(49)だ。
お泊りする様子を今日発売のフライデーが報じている

2月下旬、夜10時半近い。舞台「いやおうなし」の仕事を終えた彼女(小泉)を乗せたバンはとあるバーの前で停まった。キョンキョンはバンを降りるとバーに入り、ある男性の隣に座った。
その男性とは豊原功補(49)だ。(中略)

ポツリポツリ言葉を交わしては、見つめ合い、笑顔になる。まるで長年連れ添った夫婦だ。そして時が過ぎて、深夜0時。キョンキョンと豊原が席を立つ。時間差で店を出ると、2人は距離をとって歩き始めた。

キョンキョンが再び姿を見せたのは翌日夕方。豊原に至っては、彼女が出かけた後に愛車のジープで彼女の家から外出するという有様。19時間近い滞在もスゴいが、彼が合鍵を持っていることに驚いた。
その後も豊原のジープはほぼ毎日、現れるのだった。

「小泉と豊原はもともと仲がいい。で、最近、彼女が節税のため個人事務所を設立することになって、豊原に相談したところ、豊原の事務所を使わせてもらうことになった。それで一層、距離が縮まったと聞いています。ただ、恋人ではなく『何でも話せる親しい友人』だと聞いていますが…」

だが、見た限り、2人の関係は「親しい友人」以上。共に50歳を目前にして、これが「最後の恋」となるのだろうか。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加