DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

無鉄砲つけ麺無極 中野区野方

2012年05月22日 | ラーメン


無鉄砲つけ麺無極
濃厚豚骨つけ麺




店名: 無鉄砲つけ麺無極
住所:東京都中野区丸山2-1-
TEL:03-3338-9998
時間:火~金11:00~15:00・17:00~22:30頃 土日祝11:00~22:30頃
交通:西武新宿線 野方駅から徒歩5分
関東バス 野方消防署バス停下車すぐ(バスは高円寺駅北口、練馬駅より)
環七と新青梅街道の交差点(丸山陸橋)角です。
休み:月曜(祝日は臨時営業があることも)



最近、ラーメン、つけ麺で濃厚系のお店が注目を集めています。
その中でもこの野方の無極、沼袋の無鉄砲。
この兄弟店は京都に本店を置く無鉄砲 のグループ店です。









自販機
つけ麺のみのメニュー。
辛・・激辛・・超激辛 の中から選びます。







特に辛子高菜が気に入っています。



小皿が用意されています、中には「2枚目からお使いください」・・・これも気配り!



濃厚豚骨つけ麺(中) 800円

激辛・中盛り をお願いしました。

「だし汁が冷めたら言ってくださいね~」の気配り。

つけ汁はシンプルに見えますがかなり濃厚で複雑な味になっています。
中にはブロックになったチャーシューが入っています。




麺は兄弟店の沼袋の中太麺に比べガッチリした極太麺です。
注文の際、「湯で時間が9分くらいかかります。」

そのまま食べると香りある麺です。

濃厚なつけ汁にぴったりの太さでよく絡みます。
辛さもバッチリ!!



帰り際、店の外まで送ってくれるのもこの店の特徴です。
女将さん、関西弁です。

しばし忙しいのにお話を。京都本店のお話をして「行く機会があれば是非寄ってくださいね。」
次回の京都行きの際はお邪魔します~。




コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

八田與一展 台北駐日経済代表処

2012年05月21日 | 臺灣


台北駐日経済代表処
 八田與一展




ある時、偶然に地図を見ていて白金台に台北駐日経済代表処という名前を発見!!
この付近、各国の大使館が集まっている場所で「こんな所に台湾の関係機関の建物があるんだ~」。

そして数日後に【八田與一展】を知ることになりました。
台湾観光協会とは同じ三田線でつながっています。こんな偶然に感謝!!


台北駐日経済代表処
住所: 東京都港区白金台5丁目20番地2号 
時間:9:00~12:00 1300~17:30
交通:地下鉄南北線・三田線「白金台駅」1番出口から徒歩5分
     バス・目黒駅前(東口)から バス 品93、東98、黒77、橋86「白金台五丁目」下車
【H  P】 
【八田與一展】 




 八田與一さんとは

・・・日本でよりも台湾のほうがはるかに知名度が高い人です。


閑静な緑の中にあります。











会場に入ります。





平日にもかかわらず大勢の人が訪れていました。
当時の最先端の重機をアメリカから買い付けています。
・・・日本にはまだ登場していない機器が活躍しています。





モニターの前にはこんな大勢の人たちが。




豪華な家具が・・・
普段はサロンに使用されているのか??







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾観光協会 内幸町

2012年05月21日 | 臺灣

台湾観光協会 内幸町 





台湾観光協会 東京事務所

住所:東京都港区西新橋1−5−8川手ビル3階
TEL:03−3501−3591  FAX:03−3501−3586
時間:月〜金 9:30〜18:00 
休日:土、日、祝祭日、台湾旧正月元旦、國慶節
交通:都営地下鉄:三田線「内幸町」駅 徒歩1分
銀座線「虎ノ門」駅、「新橋」駅 徒歩6分
JR新橋駅(日比谷口) 徒歩6分

東京事務所 H P 


台湾観光協会 大阪事務所

住所:大阪府大阪市北区西天満4−14−3住友生命御堂筋ビル6階
TEL:06−6316−7491 FAX 06−6316−7398
時間:月〜金 9:30〜18:00
休日:土、日、祝祭日、台湾旧正月元旦、國慶節

大阪事務所 H P






台湾の資料を探す時はこちら、内幸町の台湾観光協会を訪れます。
ちょうど、新橋と虎ノ門の中間にあります。

三田線からは歩いても数分の場所にあります。


















前もって送ってもらった遊々カード(台北版)




これで市内の捷運(地下鉄)、バスが利用できます。



スタッフから KMTR(高雄地下鉄) の遊々カードをいただきました。
こちらは前もって50元分チャージされています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座散歩

2012年05月09日 | Tokyo GINZA



銀座散歩 






新橋で食べた後、お天気がよいので銀座を歩くことにしました。


ここは数寄屋橋の横断歩道。
渋谷のスクランブル交差点と違いここは縦-横-斜めとラインが書かれています。
位置を変えてみるとかなりアートしています。








不二家のペコちゃん は母の日が近いということで胸元に赤いバラがついていますが画像でははっきり見えませんね。




突然の花壇登場。



ミキモトの庭です。
最近はソニービルと並んでユニークな催しが多い。




三原橋のピアスビル







歩行者天国
普段、車道を歩けないので改めて見るとこんなにも広かったのかと感心してしまいます。

日産のショールームに通りかかるとシーマが展示されていました。
何で今頃??と思いましたがあとで検索すると・・・
生産中止になったシーマがハイブリッド車で再登場したそうです。

次に対面の三愛ビルにあるリコーキューブに。
海外の報道カメラマンのモノクロ写真が展示されています。

いいですね~、モノクロは味があって!!




表通り(銀座通り)を歩いても面白くないのでこの辺りから裏道に入ってみます。



銀座の天使

お店の軒先にこんなシュールな天使を発見!!
置かれてからかなり時間がたっているのかいい味出しています。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新橋 インド料理 チャンドラマ

2012年05月04日 | インド料理
 新橋 インド料理 
 CHANDRAMA チャンドラマ 






店名:チャンドラマ
住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 4F
TEL:03-6268-8339
.時間:11:30~15:00 17:00~22:00
休み:なし
【H  P】 





銀座線の新型車輌に乗っているうち思い出したのが新橋に新たにインド料理の店ができたとの噂。
なんでも経営は、ネット通販などを手掛けるIT企業のイーグルアイという会社だそうです。

インドから日本にやってきたITの技術者の中には副業としてインド料理のお店を出す人も多いのですがこちらは日本人の経営者が会社として乗り出してきたようです。

場所はニュースなどのインタビューで有名な駅前のSL広場。
その左手にあるニュー新橋ビルの4階


店名の「チャンドラマ」はヒンディー語で月の神様 を意味するそうです。
飲食店の多くは地下にあり4Fにはランチを出すお店はほとんどありません。

3月にオープンしたばかりですが店頭には何年もやってきたかのような風格さえ漂っています。



店頭メニューも手馴れた様子。



カレーメニューは、
チキンカレー(8種、990円~1,200円)
マトンカレー(4種、1,100円~1,200円)
シーフードカレー(6種、各1,200円)
ベジタブルカレー(6種、990円~1,100円)。

「プレーンナン」「プレーンライス」(以上380円)のほか、北インド地方の揚げパン「バトゥーラ」、黒ゴマを練りこんだ「ゴマナン」(以上500円)、ジャガイモを練り込んだ「アル クルッチャ」(600円)、インド風まぜご飯「チキンビリヤニ」(1,200円)なども。ナンは専用のタンドール窯を使って焼く。このほか、インド風せんべい「パパド」(300円)、インド風スナック「サモサ」(500円)、「シークカバブ」(1,200円)、「タンドリーチキン」(500円)。

ランチタイムには「キーマエッグ」(680円)、「バターチキン」、「ダブル(チキン&豆)」(各880円)など6種類のカレーを準備。150円追加でチーズのトッピングも可能です。




店内は 4X4の16席




豆&チキンのダブルカレー  880円



全体にターメリック色のソースがかかったものは何??

サラダにソースがかかっただけのものでした。
味はほとんど無くガッカリ!!



右が豆カレー、左がチキンカレー。

ホールの女性(日本人)にお聞きするとコックさんたち(2名)は北インド出身との事。

食べてみると・・・
やはり、、、マイルドで優しいカレーですがどうも物足りない!!
スパイス使いが北インドです。

辛さは激辛を避けていて(3)のせいもあるのかどうも納得のできる味になっていませんでした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座線新型車両1000系

2012年05月03日 | 東京の景色



銀座線新型車両  1000系



【1000系 H P】 
【運行ダイヤ】 




昭和2年に誕生した地下鉄銀座線。

私が社会人になりたての頃、お世話になった車両がこちら。
写真では綺麗に見えますがくすんだオレンジ色でした。

車両の製造年を見ると私の生まれた年と一緒で驚いたことがありました。



運行時間がわからずホームの端でひたすら待ちました。
10時過ぎでラッシュの時間は過ぎていたので乗客の姿は少なくなっています。

次々と列車は入ってくるものの乗らずに何やら待ち続けている人たちがいます。
どうやら私と同じ1000系を待っている人たちのようです。

待ち続けて30分を過ぎた頃、反対側のホームに入線してきた列車。
レモンエローの鮮やかな車体。
塗装ではなくラッピング手法という方法で特殊なシートを貼り付けているそうです。




一旦車庫に入り再び出てきました。

銀座線では唯一、地上の光を浴びる空間。

一段と鮮やかな色彩を見ることができます。










座席はオレンジの鮮やかな色です




出発します。

座席を見ると私と一緒に列車を待っていた人たちの顔も見えます。
皆さん、満足そうな顔をしています。



目的も無いまま乗り込みましたがふと、新橋に新しいインド料理の店が出来たのを思い出しました。
急遽、新橋駅で降ります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加