DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

祇園祭・前祭の鉾建て始まる 京都の街につち音響く

2017年07月11日 | 京都ニュース



祇園祭・前祭(さきまつり)の山鉾巡行(17日)を1週間後に控え、京都市中心部で10日、鉾建てが始まった。くぎを使わずに荒縄で部材を固定する「縄がらみ」の技法で、巨大な鉾の土台となる櫓(やぐら)が組み上がっていった。

 早朝の強い雨が上がり、蒸し暑さの中、長刀鉾、函谷(かんこ)鉾、月鉾、鶏鉾の町内で作業が始まった。手伝い方や作事方と呼ばれる大工たちが、「東南」や「未申(ひつじさる)」と書かれた部材を組み、ビルが林立する四条烏丸周辺に乾いたつち音を響かせた。見物客たちは、手際の良い縄さばきを眺めていた。

 長刀鉾では「清祓(きよはら)いの儀」が行われ、無事を祈って鉾に用いる部材や道具をおはらいした。

 前祭の23の山鉾は14日までにすべて建てられる。長刀鉾と四条室町近辺の四つの鉾は12日に曳初(ひきぞ)めを行う。13日は新町通の三つの鉾と曳山が実施する。

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神輿洗い、水しぶきと熱気に... | トップ | 祇園祭・鷹山、「日和神楽」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都ニュース」カテゴリの最新記事