DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

モダニズム建築、重厚 京都・山科の「栗原邸」一般公開

2017年05月22日 | 京都ニュース






昭和初期のモダニズム建築として知られる住宅「栗原邸」(京都市山科区御陵大岩)の一般公開が20日、始まった。当時最先端の技術だったコンクリートブロックを使った重厚な邸宅を鑑賞する人たちが訪れている。

 栗原邸は、京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大)の校長を務めた染色家鶴巻鶴一の邸宅として1929年に完成した。同校教授だった建築家本野精吾が設計を担当、2014年に国の登録有形文化文化財になった。

 現在、京都工芸繊維大や大手前大の学生が修復に携わり、11室のうち7室がかつての面影を取り戻した。将来にわたって建物を継承するために、建築家や研究者らでつくる「住宅遺産トラスト関西」が新しい所有者を募っている。

 この日は、午前10時からの公開を待ちかねたように市民らが来館、完成当時の調度品が残された室内や、屋上テラスからの眺めを楽しんだ。北区から訪れた横井雅史さん(53)は「初めて来たがすばらしい建物。大切に引き継いでほしい」と話した。

 公開は、21、27、28日もあり、21、28日は午後2時からギャラリートークを行う。入場料千円(学生500円)。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 76年ぶり神輿担ぎ巡行 京... | トップ | 狩野派の虎、障壁画で戯れ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都ニュース」カテゴリの最新記事