DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

京都・二条城、狩野派障壁画の実物公開

2016年12月24日 | 京都ニュース



二条城にある国宝・二の丸御殿の障壁画を集めた展示「冬から春へ~障壁画にみる雪景色」が22日、城内の収蔵館で始まった。江戸時代前期に狩野派の絵師たちが手がけた荘厳なふすま絵が、訪れた人たちを魅了している。

 二の丸御殿には約3600枚の障壁画があり、うち1016枚が重要文化財に指定されている。普段は複製品を御殿で展示しているが、季節ごとに本物を収蔵館で公開している。今回は、黒書院と白書院の各「一の間」の、大床を飾る障壁画を中心に26枚を並べた。

 「松柴垣(まつしばがき)禽鳥(きんちょう)図」は縦3メートル、横4・6メートルにおよぶ大作。雪をかぶった大松を中央に据え、赤い花を付けた梅の枝、カケスやヒヨドリなどの鳥を配している。画面下に描かれた柴垣には、厚塗りした胡粉(ごふん)と金箔(きんぱく)、銀泥(ぎんでい)などで表現した跡があり、制作当時はきらびやかな雪化粧が広がっていた様子が想像できる。

 2月26日まで。入館料100円、別途入城料が必要。
 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はかま姿の女性、畳の上で真... | トップ | すし体験、地酒バー…京都タワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL