DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

日本統治時代には皇室にも献上 台湾生まれの味を守り続ける老舗菓子店

2017年10月22日 | 中華民國ニュース






(花蓮 21日 中央社)東部・花蓮市に、日本統治時代の1899(明治32)年に日本人が開いた老舗菓子店「恵比須」がある。看板商品の「あんこいも」は、日本人店主と台湾人菓子職人が共同で開発したもので、皇室にも献上されたという。現在は、店を受け継いだ職人の3代目、張舜彬さんが、当時の味をかたくなに守り続けている。

張さんによると、日本人店主は故郷の和菓子の味を懐かしみ、初代とともに3年の歳月をかけて、花蓮特産のイモを使った餡入りの焼き菓子、あんこいもを作り出した。大変評判が良く、各種の賞を獲得したという。

しかし戦後、店舗は台湾を接収した中国の国民党政権に没収されてしまう。初代は資金を集めて店を買い戻すが、1947年に当局が台湾住民を武力弾圧した「二・二八事件」が発生した際、冤罪で憲兵に連行され、意気消沈して閉店。息子(2代目)に励まされ、1950年に営業を再開するも、大地震で建物が倒壊するなど、苦労が続いた。

転機が訪れたのは1980年、蘇澳新駅(宜蘭県)と花蓮駅(花蓮県)を結ぶ鉄道路線、北廻線の開通だった。

台北と花蓮までの所要時間が大幅に短縮されたことで、観光客が増加。「花蓮薯」と改名したあんこいもは、花蓮の名産としてすっかり定着したのだ。今では、他店も競って販売する人気商品となっている。

張さんは今でも、当初の姿をとどめる、わら包装のあんこいもを店に並べている。手間暇かかる作業だが、草の香りが移る良さがあるといい、かつての味わいを忠実に守り続ける職人気質をのぞかせた。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家具街で事務椅子レース 台北... | トップ | マスメディアのロケ大歓迎、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中華民國ニュース」カテゴリの最新記事