DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

麻薬探知犬の候補犬13頭誕生 一般家庭で社会性身に付ける/台湾

2017年06月15日 | 中華民國ニュース



(台北 14日 中央社)財政部(財務省)関務署の麻薬探知犬訓練センターでこのほど、子犬13頭が生まれた。同センターで生まれた子犬は生後2カ月から1歳になるまでパピーウォーカーと呼ばれる飼い主に預けられ、人とのコミュニケーションの仕方などを学ぶ。

同署の謝鈴媛副署長によれば、税関では現在、39頭の麻薬探知犬が任務に当たっている。任期は最大で7年であるため、新しい麻薬探知犬の養成を続けていくことが不可欠だが、育成率はわずか18%にとどまっているという。

訓練センターでは生まれた子犬のパピーウォーカーを募集中。家庭での飼育期間に必要なエサや飼育用具、医療、予防接種などの費用は訓練センターが全額負担する。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チー・ポーリン監督の遺体、C... | トップ | 軍艦や巡視船が一般公開 イベ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL