DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

台北駅に新名物、日本製からくり時計が登場

2016年10月12日 | 中華民國ニュース



台湾鉄路管理局(台鉄)は7日、駅ビルで商業施設を展開する微風(Breeze)グループと組み、台鉄台北駅1階コンコースの壁面にからくり時計を設置した。

製造は日本の株式会社シマエレが1年をかけて製作した。午前6時から深夜0時までの間、毎時ちょうどに鐘の音と音楽が流れる。文字盤の両側にある10個の歯車が光と共に回転し、機関車の小型模型が汽笛を鳴らして動くショーは約3分間。台北駅の新名物となりそうだ。台鉄は今後、板橋・新左営・南港などの駅にも異なるデザインの時計を設置したいとしている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観光局、11月から日本人観光... | トップ | 京都市美術館の大規模改修、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL