DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

約88億の大成JV/京都市本庁舎改修・新西庁舎

2017年04月19日 | 京都ニュース



 京都市は18日、WTO(世界貿易機関)対象となる「京都市本庁舎改修工事及び新西庁舎(仮称)新築工事ただし、建築主体その他工事」を一般競争入札した結果、87億9900万円(税別)で大成建設・古瀬組・吉村建設工業JVに決めた。入札には同者と熊谷組・南海辰村建設・要建設JVの計2JVが参加した。

 規模は本庁舎改修がRC造地下2階地上6階建て延べ1万6380㎡。新西庁舎(仮称)がS一部SRC造地下2階地上5階建て延べ3283㎡。建築工事、屋外付帯工事を実施する。

 基本・実施設計は日建設計が担当した。
 工期は2020年11月30日まで。建設地は中京区寺町通御池上る上本能寺前町488ほか。
 同工事は1月にも開札し1JVが応札したが予定価格超過のため「不成立」となり、2月に再公告した。

 電気はきんでん・豊原電気土木JV、空調は新菱冷熱工業・扶桑管工業JVに決まっている。衛生は1月に開札したが、すべての応札者が予定価格を超過したため不調となった。

 新庁舎整備事業では、このほか分庁舎の新築、北庁舎の撤去・新築を計画し、22年度の全体完了を目指す。整備工事関連費に約320億円、地下通路整備費に約13億円を見込む。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南港西バスターミナル、開業 ... | トップ | 宜蘭で初マグロ 重量208キロ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL