DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

真夏の青空に白い鞠蹴り上げ 大津・平野神社

2017年08月10日 | 京都ニュース



大津市松本1丁目の平野神社で9日、蹴鞠(けまり)奉納祭が営まれた。赤や緑などの色とりどりの装束に身を包んだ蹴鞠保存会(京都市)のメンバーが、白い鞠を青空へ軽快に蹴り上げた。

 同神社の祭神、猿田彦命(さるたひこのみこと)は蹴鞠の守護神とされる。奉納は、平安時代の伝統を後世に残そうと毎年行われている。この日は鞠水干(すいかん)、鞠袴(はかま)と呼ばれる装束姿の鞠人8人が熟練の技を披露した。

 強い日差しの中、鞠人は円になり、「アリ「ヤウ」「オウ」と掛け声を発しながら小気味よく鞠を蹴り渡した。鞠はサッカーボールに比べて軽く、脚でのコントロールが難しいという。地面に落とすことなく次々と蹴り上げられると、約150人の見物客から拍手が沸き起こっていた。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【台湾の反応】日本で引退し... | トップ | 京都の夏を照らす「五山送り火」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL