DUKE Train

食のページ・京都・台湾と好きなジャンルの情報をアップしていきます。

錦秋の海に伽藍浮かぶ 京都・東福寺を空撮

2016年11月20日 | 京都ニュース

朝日を浴びて錦秋に染まる境内



京都市内は本格的な紅葉シーズンを迎え、名所の一つ、東福寺(東山区)では、眺望スポットの通天橋周辺が赤や黄に色づいた。開門前、小型無人機「ドローン」で錦秋の境内を撮影した。

 東福寺は、ピーク時には1日3万人以上が訪れる。イロハモミジやヤマモミジなど約2千本が、平年より5日ほど早く今月中旬から見頃となり、鮮やかなコントラストを描いている。

 上空から見ると、方丈や開山堂、通天橋などの建築物が、真っ赤な海に浮かぶように写った。
 同寺によると「近年になくきれいで、特に赤が鮮やか」。今月末まで楽しめそうだという。拝観料が必要。
 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 複雑すぎる構造の不思議な建... | トップ | 「紅葉ウィーク」で連日公開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

京都ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL