電気の苦手なアコースティック・ギタリストに贈る…

アコースティック・ギターの音色は好きだけど,電気の分からないギタリストの一助となれば幸いです.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クラシックギターの勧め -Form-

2016-09-18 02:42:30 | Essay

クラシックギターの業界では

「カルカッシ」という聖典がございます.

金属弦よりも遙かに歴史の長いガット弦ですが,

この教則本はその歴史に裏付けされています.


どんなスポーツでもそうだと思いますが,

まずはフォームから!


右利きのみなさんは,

左脚を足台に置き,

ギターのウェストを左膝に置き,

ヘッド上がり45°程度に構えます.

ちょうど目の高さにギターのヘッドがくる感じ.

これがクラシックギターの基本形!
(「クラシックギター フォーム」等のキーワードで画像検索してみてください)


金属弦を弾く方の多くは

ほぼギターは水平状態.

これでは人間工学上,

どうしても右肩上がりになる形状で

ギターは設計されています.


おかげで身体は左にねじられるか,

ヘッド側を前に突きだし,左手が伸びた状態.


長年,金属弦を弾いていると,

右肩の痛みを訴えるギタリストの多いこと,多いこと!

きっと,このフォームのせいだと思います.


私は足台は使いませんが,

座っていてもストラップを使い,

ギターのウェストは私の左膝にある状態です.


加齢とともに各軟骨はその柔軟性を失い,

身体は硬くなる一方!


無駄な力を抜いて,リラックスして弾くことは

奏でる音楽のダイナミクスに必ず影響することでしょう!


いつまでもギターを楽しく弾き続ける為に

長い歴史を持つクラシックギターから

素直に勉強し直してみませんか?!

『芸能』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dread Nought用 NAZCA Case ... | トップ | Spares »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Essay」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。