jazz and freedom and avenger

勝手気ままな戯事日記 暇つぶしに・・・・

ひっそり愛聴する ・・・・・ ALL ACROSS THE CITY / JIM HALL

2017-06-28 | ジャズ

 

 

世評で、いつも‵UNDERCURRENT’と比較され、常に敗者にされる宿命を背負った一枚。

でも、ターンテーブルに乗る頻度は遥かにこちらの方が多い。もちろん、好きなC・ポーターの'I’ve Got You Under My Skin’がTOPに入っている事もありますが、実はラストにひっそり収録されているJ・ホールのオリジナル‛All Across The City’ が聴きたくて。

まるで日本の曲「雪の降るまちを」を連想させる和風メロディが心に沁みてくる。アルバムの最後、このポジションが絶妙ですね。さすがC・テイラー。

ドリル・ホールのカヴァ(ゲート・ホールド)だけど、買い替えする気はなく、RVGが録音とカッティングをしている点が物を言っている。勿論、ディレクター、V・Valentin によりBN等で聴けるゲルダー・サウンドとは似てもに似つかないVERVE音に変換されているが、それでも弾力ある音(やや丸っこく、デリケートさに欠けるけど)はなかなか魅力があります。録音はしているもののゲルダー自身がカッティングしていないレコード(VERVE)の中には、ちょっと・・・・・・・・

また、モノラル盤だからかもしれないが、カッテイング・レベルが高いのもメリット。

 

もう一枚、 ‛All Across The City’ が収録されているアルバムを。

 

 

作曲者ホールはソロを取らずサポート役に徹する、という変り盤(笑)。

しかし、ソロを任されたJ・レーニーが聴く者の心の穢れを洗い流すような素晴らしいソロを弾き語り、シムスの啜り上げるテナーもよく、それこそ「雪の降るまち」を粛々と進む情景が眼に浮かびます。

この作品はボサノバを始め、リズミカルな曲が多く、殊更、印象深い演奏になっている。また、ホールのもう一曲のオリジナル‛Move It’はロリンズの‛THE BRIDGE’に入っている'John S ’に似たモダンな曲想で、当時、ロリンズから強い影響を受けた事が分ります。良い演奏ですね。

所有する国内盤の音はやや団子気味なので、こちらはCDで聴いています。  

 

こんなメロディを書くJ・ホールは、ひょっとして日本人より日本人かも。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OH ! ・・・・・・ MASERATI... | トップ | BOSSA ANTIGUA / PAUL DESMON... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (woo)
2017-06-29 02:06:05
TWO JIMS & ZOOTはズートを追っかけてて引っ掛かった盤(当時はCDで入手)で、コイツですっかりジム・ホールの音にハマりました(笑)
Unknown (dodge(bs))
2017-06-29 15:03:18
昔、ある人から「ホールのファンの多くは、オーディオ・ファン」と聞きました。ホールの陰影ある音、プレイはデリケートな弦さばきから生まれるもので、普通のシステムはなかなか難しいと。やはり、wooさんちでは出るのでしょうね。
残念ながら、自分ちでは半分も・・・・・・・・(涙)
Unknown (azumino)
2017-07-01 11:28:51
こんにちは

IntermodulationとUndercurrentですが、dodge(bs)さんがお書きのように、僕も圧倒的にIntermodulationです。Undercurrentは緊張感ばかりで、敬遠気味です。

All Across The Cityは、いい曲ですね。このアルバムとJimmy Raneyのものと、どちらも好きな演奏です。
Unknown (dodge(bs))
2017-07-01 22:41:19
こんばんは

世評とは裏腹に本作を愛聴されているファンは、結構、多いようですね。
適度なテンション、適度なリラックス、何事にも当てはまりますね。
All Across The Cityがいい曲、好きな演奏と認知されて、とてもうれしいです。

コメントを投稿

ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。