jazz and freedom and avenger

勝手気ままな戯事日記 暇つぶしに・・・・

BOOKER LITTLE AND FRIEND ・・・・・ 痛々しいほどの名演‘If I Should Lose You’

2017-05-14 | ジャズ

 

 

70年代の初め、いつもレコードを購入していた名古屋ヤマハで、忽然と目の前にこのレコードが現れた。まだ、この手のレコードについてそれほど知識はなかったけれど「ホンマかいな?」と目を疑った。

当時、本当にリリースされているのか?と噂されるほど激レア盤で、ファクトリー・シールドの新品、しかも、値段も普通の輸入盤と同じ位だった。

疑問を憶えつつ開封してみると、白っぽいチープなラベルで、‘DISTRIBUTED BY STARDAY-KING RECORDS’と記されており、「あぁ、ニセ物や、やっぱりなぁ~」と妙に納得した。

後で小耳に挟んだ情報では、真偽は兎も角、日本の業者がSTARDAY-KING社に委託制作したブツとか。ベツレヘムはもともとKING社のジャズ専門レーベルで、買収されSTARDAY-KING社になったようです。

不安げに針を降ろすと、チリチリ雑音が・・・・・・・・・・・・、

通称「カゼひき」と言われる盤で、ガッカリし、聴く気にもならずそのままレコード棚の隅に。「カゼひき」とは、粗雑な剥離材を使用したためスタンパーからビニールがうまく剥がれずに細かい凹凸が出来、それが原因でチリチリとノイズが発生したものです。

 

それから何年か後、バランスウォッシャーというレコード・クリーナーが評判になり、スクラッチ・ノイズが気になるレコードに試したところ、思いの外、効果があった。ふと、このカゼひき盤を思い出し、ひょっとして・・・・・・と。

これがものの見事に的中、チリチリ音を蹴散らし、まるで霧が晴れたように本来の音が蘇ったのです。果して、それがオリジナルの音と比べてどうか知りませんが、自分のレベルではもう充分でした(モノラルです)。

このバランスウォッシャー、シビアに聴くと音にやや副作用もあるそうですが、一般的レベルではそれほど問題ないのでは、それよりメリットの方が絶大ですね。

もう一つ、長年の疑問が・・・・・・・・・、それは「Friends」ではなく「Friend」になっているタイトル。

今回、カヴァを眺めていて、花紋のような二つのマークに気が付いた。共演者達ではなくtpがフレンドだったのですね。それなら、もう少しマシなイラストにならなかったのだろうかと。 

 

長い前置きはこの位にして・・・・・・・・・

tpは人の感情「喜・怒・哀・楽」を最も表現する楽器で「花形」とも言われるが、リトルのペットは常に「哀」、「メランコリー」が強く寄り添い、その「陰気さ」に抵抗を感ずる人も少なくない。

でも、本作の‘If I Should Lose You’を余分な感情移入をせずストレートに吹くリトルに胸が詰まるほどの「痛々しさ」を憶えない人はいないでしょう。

同じtp、J・コールズの‘THE WARM SOUND’やモブレーの‘SOUL STATION’を聴くと、違いに驚くはず。

この録音の後、急逝、享年23。この遺作は死後、リリースされている。

「未完」というより「未知」の大器のイメージが強いです。

 

同い年(1938年生れ)でリトルに一目も二目も置いていたハバードは、翌年、自己のアルバム‘HUB-TONES’ の中で‘Lament For Booker’を以て追悼している。

 

 

 

 厳粛さに満ちたELEGYは完璧だった。

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEGACY OF FREDDIE HUBBARD ... | トップ | おぉっ ・・・・・・ ベン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルネ)
2017-05-14 14:08:03
昔持っていましたが、どんな演奏だったか思い出せません。
これは国内盤・輸入盤問わず見かけないので、中々聴く機会がないなあ。
タイム盤のほうはたまに聴きます。この人はバラードでなくても哀しい音色です。

バランスウォッシャー、日々愛用してます。
音に影響あるんですか?初めて知りました・・・
Unknown (dodge(bs))
2017-05-14 20:43:03
リズム・セクションの違いから、人気はやはりタイム盤の方が上でしょうね。
でも、縁がありましたら、また本作を聴いてみてください。
‘If I Should Lose You’を愛聴しているファンは多いようですので。
バランスウォッシャーの影響について、高域がやや粗くなると聞いた事がありますが、恐らくハイエンド・クラスではないでしょうか。
自分も確認していません、否、出来ませんね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。