jazz and freedom and avenger

勝手気ままな戯事日記 暇つぶしに・・・・

渋谷・「地下室」のメロディ ・・・・・ ALL MEMBERS / DON SLEET

2017-03-20 | ジャズ

 

 

「富士そば」の角を曲がる時、いつも「今日は開いているかな?」と不安になる。三、四回に一度は臨時休業、又は、所用でオープンは午後〇時から、とプレートが掛かっていた。ま、マスター一人で切り回しているのでタイミングが悪かった、と諦めるしかない。でも、開いていた時は、妙にテンションがハイに。

 

ある日、転げ落ちそうな階段を降り始めると、今まで耳にしたことが無い音色とフレージングのtpが流れてきた。誰だろう、一瞬、B・ミッチェルかな?と思ったが、チョット違う・・・・・・・・・・

‘Secret Love’だった。続いて‘Softly As ・・・・・’が。tpがリーダーでJ・ヒースとケリーは解ったけれど、いくら頭を巡らしてもtpはサッパリ解らない。

マスターがレコードを納める時、カヴァを横目でチラッと。 今のようにネットからの情報はなく、どうしてこの盤の存在を知ったのか、記憶は無いが、狙っていたブツだった。因みに「幻の名盤読本」にも取り上げられていなかった。

まだ、あまり注目されずSTEREO盤だったためか、NMでも懐の心配は要らなかった。

カッティング・レベルはやや低いもののパワーを入れると音が豹変する。エンジニア・RAY FOWLERの特徴の一つです。

 

格上のサイドに囲まれ、無名のスリートのtpは線は細いけれど、何とかリーダー・シップとオリジナリティを出そうと一生懸命、工夫している。好感が持て、‘But Beautiful’を聴くうちにだんだん応援したくなりますね。

ベスト・トラックはラストの‘The Hearing’、モード色と仄かなエスニックな香り、そしてサスペンス・タッチが交錯するC・ジョーダンの隠れ名曲。ケリーのバックでJ・コブのリム・ショットが入る辺り、勝手に手足が踊りだす。

 

スリートも「ヤク」に溺れたそうで、リーダー作はこの一枚で終わってしまった。残念です。

 

 

 

遥か昔の思い出の一ページ。 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE SOUND OF SONNY / SONNY... | トップ |  LENNY McBROWNE / AND THE 4... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルネ)
2017-03-20 21:16:55
これ、縁がない1枚です。 1度見た時はちょっと高くて、諦めました。
聴いてみたいですね。

そういえば、渋谷のあのお店も縁がなくて、もう25年くらいあそこでは買っていません。
異様に高くて、私には無縁のお店だ、と思っています。
Unknown (dodge(bs))
2017-03-20 22:39:06
自分もここ20年近く行っていませんね。
確かに値段はしっかりしています。ただ、盤質にスカがほとんど無く、品揃えも自分に合っていて、東京へ行った際、僅かな時間で探すには、お店が限られました(涙)。

また、東京へ行く機会があれば、ちょっと覗いてみたい気もしますが、早々に・・・・・・・かも(笑)。
渋谷に行かなくなりました (azumino)
2017-03-22 19:15:02
こんばんは

JAROはたまに寄ったので、懐かしいです。音楽館やSWINGといったジャズ喫茶に行っていたのですが、渋谷にはジャズ喫茶がほとんど無くなったので、足が向かわなくなりました。ただ、この先、あまり東京へも行けなくなるので、出張の際など、渋谷へも行ってみようかと思います。

このアルバムは、内容がよくて、自分のブログでも取り上げたことがあります。もっとも、僕のものは再発のLPです。
もう一度だけ (dodge(bs))
2017-03-22 21:31:59
こんばんは

JAROはジャズ・ファンにとって一関「ベイシー」と共に名所の一つかもしれません。
初めての人はいろんな意味で驚きますよね。
以前、一時期、仕事の関係で渋谷、原宿、表参道へ良く行き、ついでに・・・・・・・・、音楽館もです。
今となっては、いい思い出ですね。ふと、もう一度覘いてみたいなぁ~と。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。