jazz and freedom and avenger

勝手気ままな戯事日記 暇つぶしに・・・・

REISSUEものだけど ・・・・・ NEFERTITI / MILES DAVIS

2016-10-17 | ジャズ

 

 

ひょっとして、マイルスで一番ターンテーブルに乗せた作品かもしれない。もっとも「愛聴盤」か、と問われると、自信は無いけれど。

ひょっとして、自分の中でこれがマイルスのBEST1かもしれない。

 

ただ、リアルタイムで初めて聴いた時、ソロ・パートがないタイトル曲が何を意図するのか、サッパリ解らず入手したのは、マイルスが路線を大きく旋回させた70年代になってから。

そして、やっと「意図」が解った。これは「アドリブ」を中核とするこれまでのジャズとの「決別宣言だ」と。「さすが、マイルス、誰もマネが出来ないことをやるなぁ~」と感心し、それ以来、ずっと回し続けてきた。

ところが、最近になって、ソロ・パートが無いのは、そんな大層なものでなく、たまたまメロディが良いので、ソロ無しで演ろう、というマイルスの発案からだそうです。いやぁ~、マイッタなぁ。

でも、そのアイディアを実行しちゃうなんて、これも凄いではありませんか。

 

マイルス・フリークでない自分が、これ以上、本作についてコメントするのは野暮と言うものですが、一つだけ疑問が残ります。特に‘Madness’で顕著ですが、ほぼ同じようなフレーズを何度もパラパラパラッ~と。‘MILES SMILES’から気になっていた。

もともとマイルスは音数を絞り、キーとする2、3フレーズを「間」、「イントネーション」、「強弱」を付け、繋いでいくパターンが多く、無理に発展させないのが特徴。S・ゲッツも同じタイプですが、彼の場合はフレーズ自体がメロディアスで流暢に繋いでいく。そこが天才と言われる所以ですね。その点、マイルスは結構、「ぶっきらぼう」で「バター・フレーズ」を吹かない。

それがマイルスの「美学」ですが、この辺りになると、さすがに「単調」に聴こえるには自分だけか?

 

それはそれとして、所有している盤は同じ再発盤の‘MILES SMILES’、‘SORCERER’と比べ「音の質」がいい。やや薄く、カッティング・レベルも低いけれど、透明感があり輪郭がハッキリしている。特にウィリアムスのシンバルがキレイに前に出てきて、タイトル曲なんか、聴き惚れてしまう。

以前から、どうしてかな、と思っていたら、ラベルの一番下に小さく‘MADE IN CANADA’と。アレ、カヴァは‘PRINTED IN USA’と記載されているのに。ラベルの「赤」の色も濃いのです。今まで気が付きませんでした。

ま、オリジナルではないので比較する事自体、ナンセンスですが、再発盤のレベルながらこのカナダ・プレスの「音の質」はちょっとしたもの。本作を覆うちょっとミステリアスな雰囲気にピッタリ。

 

 

 

マイルスのソロに疑問を感じつつ、BEST1に挙げる理由を自問自答したけれど・・・・・・・・

上りラスト2曲が好きだからかな、それとハンコックとウィリアムスのプレイが傑出している。芸術的な香りさえ湧き立つ。

 

一瞬の「ひらめき」だった‘Nefertiti’が、図らずもアコースティク・マイルスの「最後通告」として帰結する流れは、当時のジャズが抱えていた問題点、そのものであった。

ひょっとしてマイルス自身も、頭の隅に「煮詰まり感」を覚えていたのかも ・・・・・

 

PS   HP ・ BLUE SPRITSを更新しました。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LEGACY OF FREDDIE HUBBARD (... | トップ | 御殿場、芦ノ湖から湘南、鎌倉へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。