jazz and freedom and avenger

勝手気ままな戯事日記 暇つぶしに・・・・

ダントツの名演 ‘Satin Doll’ ・・・・・ OSCAR PETERSON / THE WAY I REALLY PLAY

2017-04-21 | ジャズ

 

 

 

エリントン・ナンバーで最も知られ、人気がある曲と言えば、多分、「サテン・ドール」ではないでしょうか。

ピアノ・トリオで一番好きな演奏がO・ピーターソンの本盤。

テーマを微妙にフェイクしながら、タメを利かしに利かし、寄せては引き、引いては寄せる波の如く聴き手の関心を一瞬たりとも離さず、徐々にクライマックスに追い込み、余韻を残しながらエンディングに入るくストーリー、本当にニクイなぁ。

9分を越す長い演奏で、まるでオーケストラでも聴いているような錯覚に陥る。 お見事!

一人大きな拍手を送る人は、恐らくMPS社長ブルナーシュワーでしょう。

続く、‘Love Is Here To Stay’もこれまた素晴らしい。メロディ・ラインが凄く美しい。

 

他では、ガーランドの‘AT THE PRELUDE'が有名ですが、少し前のスタジオ録音がこの’SATIN DOLL’。

長らく「お蔵入り」のままでしたが、後年、同じセッション未発表2曲と‘AT THE PULERUD'の未発表曲2曲と共にリリースされた。こちらも9分を越し、お馴染みのガーランド節が楽しめます。ただ、ちょっと間延び気味かな。

 

                        

 

こちらは晩年期パウエルの人気作、‘IN PARIS’

テーマ処理がややまとも過ぎかな?それより背後のセンスのないドラミングが煩わしく、パウエルの良さがかき消されている。どうしてこんなにドスン、ドタンと叩くのだろう。その上、リム・ショットまで放たれては。

本作では‘I Can't Get Started’が絶品ですね。

「言い出しかねて」は大きな誤訳と言われるが、パウエルの手に掛かると「大名訳」に。

盛りは過ぎたと言えども、その気品高さに「お手上げ」です。触れると壊れそうな儚さに言葉が詰り、自分だけと思うけれどパウエルの「凄み」を憶える。

 

  

 

話を戻すと、

「偉大なる大衆作家」と有難いような有り難くないような称号を受けたピーターソンだけれど、本作の「サテン・ドール」に、モダン・ピアノのだれ一人、足元にも・・・・・・・・・・・・・

パウエルとは真逆かもしれないが、ピーターソンの「凄み」も本物ですね。        

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思わぬ好天に ・・・・・ 蓼... | トップ | 名古屋・JRゲートタワー  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルネ)
2017-04-22 14:40:03
ムムム・・・ ピーターソンのこれは聴いたことないです。 こんなんばっかり・・・・
MPSだから、音もいいんでしょうね。 聴いたいです。

ピアノの"Satin Doll" といえば、インパルスのマッコイ・タイナーくらいしか出てこないなあ。
あのアルバム、この1曲だけ良くて、あとは印象に全く残ってませんが。

パウエルの" In Paris"もうちにあるんですが、どんな演奏か思い出せません。
これはもう、ピーターソンを聴くしかないですね。
Unknown (dodge(bs))
2017-04-22 21:02:27
ピーターソンはどうしてもレイ・ブラウン時代が有名でMPS盤は知られている割に聴かれていないかもしれませんね。
これは国内盤で原盤を聴きたいのですが不思議に縁遠いです。
自分も、他にはヘイグの「トディ」、タイナー、E・ヒギンス(VJ)位で、H・ジョーンズ、ブライアント等々が演っているようですが、未聴です。
モンク、エヴァンス、キースなど大物は演っていないので意外にピンとこないですね。

MPS盤を待ちましょう(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。