財部剣人の館『マーメイド クロニクルズ』幻冬舎より「第一部 神々がダイスを振る刻」出版中!現在、第二部再配信中

(旧名称:アヴァンの物語の館)「ギリシア神話」の世界観で人魚のナオミとヴァンパイアのマクミラがゲームを戦うファンタジー!

マーメイド クロニクルズ 第二部 第10章−5 最初の部屋(再編集版)

2017-02-26 00:00:42 | 私が作家・芸術家・芸人
「俺の身体の奥底から、声が聞こえるんだ。ナオミ、『いたぶるもの』をなめてかかるのではない」。一瞬、なぜかシンガパウムのオーラを感じてナオミは何も言えなくなった。
「さあ、氷天使が待ちくたびれているぜ。最初のドアを開けてもらおう」

 部屋に入ってから、気づくと全員が空中に浮かんでいた。
 目の前に広がるのは、不思議な風景だった。
 ふつう水は高きところから、低きに流れる。
 だが、ここでは渦巻く水は低きから高きに流れるかと思えば、途中で横に流れを変えたりした。水は、あるところでは灰銀色の輝きを見せるかとおもえば、別のところでは青いしぶきをあげていた。
 ナオミとケネス、メギリヌが水面に下りたが沈まない。
 部屋の中は、信じられないほどの広さを持っていた。
 ナオミは、初めての精神世界に緊張していたが、あちこちの十数メートルも幅のある水流を見ている内、落ちついて来た。
 後ろから、ケネスの声が聞こえた。「いいか。最初は、お前一人で闘うんだ。くやしいが、どうも俺になんとかなりそうな相手じゃない。それに、内なる声が聞こえるんだ。時が来る。必ず、お前が俺の助けを必要とする時が来ると」
「わかった。ケネス、見ててね」
「マーメイド姿のお前の闘いを初めて見るんだ。目に焼き付けておくさ」

 メギリヌが言った。「水が渦巻く部屋と安心しているようだが、アポロノミカンの予言を覚えておるか? 『すべてを燃やし尽くす蒼き炎が、すべてを覆い尽くす氷に変わり』とあったではないか。人間界から精神世界で移動する時に、すべてを燃やし尽くす蒼き炎は見せてもらった。次の予言をかなえるとするか」
 メギリヌが、ゆっくりと身体の前で両手を交差させた。
 次の瞬間、手にしたのか切っ先鋭い黄金職のステッキを足下に突き刺した。冷気が一気に轟音を立てて吹き出すと、半径百メートルの水が凍り付いた。
 続いて、渦巻いていた水さえ凍り付いて巨大な数本の氷柱となる。
「さあ、これでも落ち着いていられるかい、マーメイド?」
「私の名は、ナオミ!」言うが早いか、駆け出す。真珠の鎧が七色の輝きを見せている。途中から、スピードがのろくなる。足下の氷がナオミを踏み出す度に一瞬、張り付いてきたからだった。足を踏み出す度に、最初は足裏が、次に足首まで、だんだんと膝下まで凍り付く。
 メギリヌは、腕組みしてナオミが近づくのを余裕で待っている。
 なんとかメギリヌにたどりついたナオミが、マーメイド・ソードを取り出すと下方から切り上げる。狙いは、メギリヌ自身ではなく足下の氷だった。氷が割れると、一筋の水が噴き出してメギリヌの顔に傷をつける。
「完全には凍りついていなかったみたいね」
「かすり傷をつけて、よろこんでいるとはおめでたい」
 スッと、メギリヌの傷が新たな氷におおわれて消えた。


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーメイド クロニクルズ 第... | トップ | マーメイド クロニクルズ 第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL