財部剣人の館『マーメイド クロニクルズ』幻冬舎より「第一部 神々がダイスを振る刻」出版中!現在、第二部再配信中

(旧名称:アヴァンの物語の館)「ギリシア神話」の世界観で人魚のナオミとヴァンパイアのマクミラがゲームを戦うファンタジー!

マーメイド クロニクルズ 第二部 第10章−7 ナオミの復活(再編集版)

2017-02-28 00:00:04 | 私が作家・芸術家・芸人
 めちゃくちゃに走ったのかと思われたが、いつの間にか五芒星形の傷跡が残っている。追われた振りをして、マンモス魔神を星の中央におびき寄せる。
 ハッ! 
 飛び上がると、ヒビが入りかけた氷に乗ったマンモス魔神の上に飛び乗る。ミシミシと氷が裂けて、重みでマンモス魔神が雄叫びを上げながら沈んでいく。多勢に無勢の時の鉄則2「相手の欠点を利用せよ」。
 だが、ナオミも勢いあまってマンモス魔神と共に水中に沈んでいく。
 メギリヌが、再びオーケストラの指揮者のように手を動かして強大な氷柱を引き寄せると、ナオミが沈んだ部分にたたき込んだ。続いて、別の氷柱をたたきこんだ氷柱に組み合わせると強大な十字架が完成した。それはまるでナオミの墓碑銘のように、たたずんでいた。
「口ほどにもない。まるで歯ごたえがないではないか」メギリヌがうそぶく。「氷の下で一生を終えるがよいわ」

 ふとマクミラが気づくと、足下のキル、カル、ルルがうなりをあげている。
 そうか、闘いたいんだね。いい、ジュニベロスに変身してから行くんだよ。考えが通じたように、まるで冥界の父ケルベロスに届けとばかりに一声大きく吠えると、それまで三匹だった子犬たちが三首の魔犬ジュニベロスに変身した。極寒のせいなのか、いつもと違ってシベリアンハスキーのような見事な体毛を備えている。
 やるじゃないか。油断するんじゃないよ。マクミラがつぶやく間もなく、父親を傷つけたサディストめがけてジュニベロスが飛び出した。
 だが、立ちはだかったのはジャガー魔神だった。
 このまま行けば、真っ正面からぶつかりあうと思われた時。ジュニベロスが、口から炎の息を吐き出した。ジャガー魔神が、ひるんだ隙に喉元に食らいつく。あっけなくジャガーの首がくびれて、原型をとどめなくなる。
 ジュニベロスが、そのままメギリヌに向かっていこうとした時だった。
 厚いはずの氷をやぶって、ナオミが飛び出してきた。
 油断していたまさかり魔神は、真下からの攻撃を受けてまっぷたつに割れた。それぞれを左右のアイス・アックスに引っかけると、数回転させて勢いをつけるとロケット魔神に向かって投げつける。ナオミのアイス・アックスボンバーを受けて、ロケット魔神も粉々に崩れしてしまう。
 多勢に無勢の時の鉄則3「一対一の状況に持って行け」。
「お待たせ。私はマーメイドだから、どんなに冷たくても水に入ると元気を取り戻す。水中に入ったおかげで、真下からの攻撃も可能になった。礼を言うわ」
「フフ、小手試しは終わり。お前の戦闘能力など、取るに足らぬと分かったわ。マニフェスト・ディザスターの真の力を見せてくれる」
 メギリヌの16枚の羽が羽ばたきを開始した。
 それまでとは比較にならないほどの冷気が、回りに吹き荒れる。しだいに、それは雪嵐となり視界ゼロになる。同時に、いままでせいぜい厚さ数十センチだった氷が一気に数メートルにもなった。


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーメイド クロニクルズ 第... | トップ | マーメイド クロニクルズ 第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL