平井和正先生に捧ぐ〜財部剣人の館「マーメイド クロニクルズ第一部 神々がダイスを振る刻」幻冬舎より出版中「第二部 」完結

(旧:アヴァンの物語の館)ギリシア神話的な世界観で人魚のナオミとヴァンパイアのマクミラが戦うバトルファンタジー

マーメイド クロニクルズ 第二部 第10章−1 魔女たちの目的(再編集版)

2017-02-22 00:00:41 | 私が作家・芸術家・芸人
「ねえ、クリストフのことを忘れてるわ。彼は、本当にクリストフなの?」
 皆がダニエルの方を見ると、墮天使は苦しそうなうめき声を上げていた。
「ウッ、ウッ、ウッ、オレはいったい誰なんだ、クリストフ? そんな名の時も、あったような気がする」
「覚えてないの? チャック、シャナハン、それに孔明のことも? ケイティはすぐにあなたがわかったわよ」
「ケイティ……。俺を慕っていたケイティ。それじゃ君は……ナ、ナオミ?」
「じゃあ、本物! 生きてたのね。でも、あのお調子者でプレーボーイだったクリストフの雰囲気が変わっちゃった。まるで……」
「まるで堕天使のようにか」マクミラが答える。
「なぜ、クリストフが堕天使になってるの?」
 アストロラーベが答える。「お前が人間として知っているクリストフは元々が、天使長ペルセリアスだったのだ。人間界に来て、マクミラの血の契りの儀式によって堕天使ダニエルに生まれ変わった。今は、精神世界にきたばかりで、3つの人格がまざりあって混乱しているのだろう。カンザスの闘いでは、死にかけていたのが、命をなんとかとりとめたのだから恨む筋合いではあるまい」
「いいの。生きていてくれさえすれば、どんなに変わっていても」一瞬、瞳が潤んだが、マーメイドはやたらに泣くもんじゃないという祖母の教えを思い出した。そのため、ナオミは泣き笑いの表情になった。
「何がおかしい?」マクミラが、尋ねる。
「私は愛する相手にはめぐまれない。だけど、どこに行っても導くものと助けてくれるものには不自由しない。そうは知ってたけど、まさかマクミラ、あなたにまで助けてもらうとは」
「勘違いしないで。クリストフを助けたのは、彼を味方にすればあなたの側の勢力をそいだ上に、わたしの側の戦力を強化できる。一石二鳥だったからだわ。それに今回は、手助けするのはあなたでわたしじゃない」
「それを言うなら、トラブルに引き寄せられるのが私の運命。礼にはおよばない。そして、あなたがクリストフを救ったように、私も夏海を救ってみせる」
 ドルガが言う。「夏海とかいう娘は、我とすでに一体化しておる。救われるかどうかという話なら、気高い我と合体したおかげで人間としてはもう生きずにすむのだ。これ以上の救いはあるまい」
「なんてことを! マクミラへの怨みだけでそんなことを」
 参謀役のリギスが議論に加わる。「ドルガ様、我らが目的はマクミラへの恨みをはらすこと以上だったはず?」


ランキングに参加中です。クリックして応援よろしくお願いします!
     にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村
               人気ブログランキングへ
     blogram投票ボタン
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マーメイド クロニクルズ 第... | トップ | マーメイド クロニクルズ 第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL