なんとなくな日々

SL残日録(個人的なメモ帳)

猫小説

2017年03月06日 23時59分14秒 | 本・雑誌
・「ねこのおうち」柳美里 2016/6 読了 ☆☆☆☆
初話に出てくるネコと暮らす独居老人が、ラストで再び登場して子ネコとの平安な暮らしの描写がいい。20年前に好んで読んだこの作家がこういう思いやりのある小説を書いていた。


・「原節子の真実」石井妙子 2016/3 読む
その存在感と去り際、そして長き沈黙ゆえに、彼女の生涯は数多の神話に覆われてきた。真偽の定まらぬままに――埋もれた肉声を丹念に掘り起こし、ドイツや九州に痕跡を辿って浮かび上がったのは、若くして背負った「国民的女優」の名に激しく葛藤する姿だった。伝説を生きた女優の真実を鮮やかに甦らせた、決定版の本格評伝。(出版社)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トップ14第19節 | トップ | 寒気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。