まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

1964. ミリオンライブ台湾単独公演、二日目、最終公演

2017年04月23日 | 日記

 ふーっ、無事に終了しました。アイマス初の海外単独声優ライブ、台湾公演の2日目。私は2日ともライブビューイングで参加。
 出演者は765オリジナルから6人、ミリオンライブから8人で2日とも同じです。画面で高木順二朗社長と音無小鳥さん。

 昨日は初日と言うことか観客(P)もスタッフも緊張していたようです。本日は調子が良く、本来のアイドルマスターの感じとなり、さらに台湾ならではの雰囲気が出ていたと思います。どこがというと言葉にするのは難しいのですけど、とにかく良かった。
 まず会場のPですけど、昨日はなんとなくぎこちない応援だったのが最初から揃っていてパワフルでした。画像が良く、昨日は地デジみたいな感じだっのに本日は品質の良い回線だったようです。カメラワークもたった一日で改良されて素晴らしい出来でした。心なしか音響も良くなりました。

 構成は初日と同じ。数曲が入れ替わっていて、なぜ出ないのかなと思っていたプラチナスターズから「Happy!」が採用されました。765オリジナルはこれも海外展開されたシャイニーフェスタが中心の構成。ミリオンライブはどうなのかな。
 ミリオンライブは入れておかないと、特にコンサート慣れしている人には理解不能なコンサートになります。だから後半に集中させたみたいです。一方でアイマスのゲームらしさは765オリジナルの方がずっと濃いので、これが無いとどうにも不足感がでてしまう。

 アニメ曲が要所で使われていました。冒頭が「READY!!」で締めが「M@STERPIECE」です。初日は中間部で「自分REST@RT」が出てきて、これはなぜかフルバージョンだったのでとても印象的でした。
 「READY!!」はアニメ・アイドルマスターの主題歌です。時期的にPS3版アイマス2のテーマ曲にもなっています。「M@STERPIECE」は劇場版アニマスの最終ステージに出てきた印象的な曲です。ミリオンライブのメンバーが本格的なステージに挑んだ場面で、強烈なデビューを飾った瞬間の箇所を思い出します。

ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1963. ミリオンライブ台湾単... | トップ | 1965. 765オリジナルとミリオ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事