まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

1985. シンデレラガールズ5th宮城公演、一日目の感想

2017年05月14日 | 日記

 二日目は参加していません。何か特別なことが起こったのならフォロー出来ていませんのでご了承を。私はライブビューイングで参加しました。シンデレラガールズの5th声優ライブの初日の話。

 安定した感じでした。楽曲構成はスターライトステージが中心。女性Pの参加が徐々に増えている感じです。ただし、本会場には濃い目のファンが多かったようです。
 東北宮城県でのコンサート。大きなアリーナです。その短辺に大仕掛けのステージが作られました。お城の感じで、立体的で左右非対称なのが特徴と思います。ディズニーランドのアトラクションみたいな印象。
 大きなLEDディスプレイが工夫されていました。曲面になっていたりアーチになっていたり。電球風の電飾もLEDで、これ自体で演出が可能なほどたくさん使われていました。照明は床の模様が工夫されていたと思います。いつも恒例、客席も時々明るくなります。
 ステージは前面の少し円形に張り出した部分がメインで、でもお城近くに階段を利用した小ステージがいくつもありました。お城正面は円弧状にスライドする扉になっていて、その扉がメインのLEDディスプレイです。メインステージにはせり上がりが採用されていました。おそらくですけど、この会場の作りが続くものと思います。

 声優さんはマーチングバンドの格好のようです。旗を持って入場しました。バックダンサーが採用されていて、こちらは曲に合わせて着替えをしていました。
 キュート、クール、パッションから5名ずつ、計15人で、少なくともツアー前半はこの構成で行きます。今回は初登場のキャラが目立っていました。おなじみの声優さんの演技も力が入っていて、うまくバランスしていたと思います。

 内容はいつものシンデレラガールズの声優ライブです。もちろん、時流に合わせで少しずつ内容が変わっています。武内Pのアニメ・シンデレラガールズがやや遠くになり、今はスマホアプリのスターライトステージが絶好調。分厚くなってきました。
 スタッフもこなれた部分があって、ライブビューイングの画像や音響はとても良かったです。がんばりました。
 そう、楽曲も声優さんの演技も、そしてPの応援も、とても特徴があります。アイドルマスターの中でもシンデレラガールズでないと、この雰囲気は出てこないでしょう。もちろんゲームをよく知っている方が何倍も楽しめますけど、初めての参加の方も十分に楽しかったと思います。
 ゲーム音楽という原点があって、構成がまた楽しくて、シリアス風の楽曲の後に楽しい曲が突然始まったりして、このごちゃごちゃの感じがゲームみたいでgoodです。LEDディスプレイを中心とする演出が派手で花を添えています。アニメの前のソシャゲ中心の時代の曲やアニメ曲が出て来ると、ちょっと感慨深かったりします。

ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1984. シンデレラガールズ5th... | トップ | 1986. OFA発売3周年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む