まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

1976. ゲオマグ

2017年05月05日 | 日記

 連休なので久しぶりに自動車でお出かけ。帰りに気まぐれで近所のトイザらスに寄りました。おもちゃの量販店ですけど米国系なので品揃えに特徴がある。
 もちろん各社のゲーム機とソフトがありましたが、そこは本日はスルー。私は主に家畜関連の、置いて飾りになるおもちゃを目当てにしています。さらに、趣味の幾何学系の知育玩具を見てと。
 三角形や四角形を組み合わせるもの。たいていは本当に知育玩具というか、積み木の変形版の感じ。子供の安全第一の設計です。ところが、やや目立つ模型に目が留まりました。

 GEOMAGとパッケージに書いてあるスイス製の製品。なぜか、おもちゃではありません、との表示。対象年齢は14歳以上で、おそらく小さな部品がかわいいので、小さな子供だと思わず口に入れてしまうのでしょう。
 パッケージだけを見て購入したのですけど、予想通り精密な作りでした。これなら多面体などを作れそう。ネットで調べたら、旧タイプの製品のクリアランスらしく「ゲオマグ プロ パネル131」と呼ばれるものらしいです。
 しかし、実際に模型を作ると部品があっという間に尽きてしまう。半正多面体という図形のいくつかを作ろうとしたのですけど、半分、つまりドーム状のものが出来てそこで終了。
 精密なだけに結構高価で、追加購入はあきらめました。棒磁石と鉄球で造形するのですが、形を保つために棒磁石がかなり強力で、一般部品としてはまず手に入らないでしょう。本気で作るなら、代替品を探すよりも、ゲオマグを大人買いする方が良いと思います。ブロックおもちゃのレゴみたいな感じで。

 立体というのは実際に作らないと、角度によってどう見えるかが想像もできないです。何の役に立つのかと聞かれそうですが、私の関心は規則正しい図形のトポロジー。ものすごく遠いですけど、計算機のソフトやハードのアイデアの元になります。さらにものすごく遠くでアイマスとも何とか繋がっています。ほぼこじつけ。

ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1975. 伊織の誕生日 | トップ | 1977. デレ5thの前半のパンフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む