まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

2060. ミリオンライブの今まで、その2

2017年07月16日 | 日記

 ミリオンライブは開始直後の秋から年末にかけて、一度目の危機を迎えます。
 配信元のGREEが人員整理を余儀なくされ、収入そのままでサーバーを軽くしようともくろんだのか、何と無課金~微課金組のリストラを敢行。私に言わせれば禁じ手です。
 私が説教するのも場違いな気がしますけど、とにかくソシャゲは動員数が肝心。儲からないからといって無課金層を排除すると、つまらなくなった重課金層まで逃げ出す。なあに、ソシャゲなら他にもいっぱいあるさ、の層。肝心のミリオンライブPには微課金層も多いはずです。

 もちろんミリオンライブの猛烈な危機。本ブログの過去の記録を見れば分かりますけど、私も思いっきり叫びましたよ。こんなブログで言ってても効果はありませんが、おそらく有志のPが開発元に懇願したのだと思います。または、私の感じとしてはバンナム本体が、お前ら何やってんだ、の感じで乗り込んだとも思います。ほどなく妙な調整は撤回され、普通の低空飛行に戻りました。具体的に何が起こったのかはこのブログに記録があると思います。
 この事案があったにも関わらず、一昨年だったかほぼ同様の2度目の危機。人間、窮地に陥ると同じ誤りを繰り返しがちですけど、それをやった。
 あきれましたが、2度目もほどなく元に戻りました。
 最近リニューアル規模の改訂が行われたようですが、今回は余裕の改良でした。調子を取り戻したのだと思います。低空飛行なのはそのままなので、油断は出来ません。

 声優ライブもトラブル続き。
 まず1st。SSAの合同声優ライブなどでミリオンライブでは素晴らしい演技が見られるのは周知されていたと思います。予想通りの素晴らしい内容でした。初日は無事に終了。
 ところがたしか最上静香役の体調がよくなくて、翌日欠席。よくこんな発想が通ったものだと思いますが、代わりにと七尾百合子役が急遽2日目も参加。
 劇場版アニメ・アイドルマスターに出てきますが、フォーメーションを変えるというのは大変なことです。これをミリオンの声優さんたちは成し遂げた。あおりを喰らって、エミリー役が初代/2で言うアクシデントに遭遇。

 2nd。あとで坂上Pがシステムのパソコンがフリーズしたと言っていましたが、演技途中で音楽が停止。とっさにPたちが合唱を始めて、望月杏奈役はアカペラで続行。あまりにスムーズに繋がったのでライブビューイングで見ていた私は面白い趣向だな、に見えました。実際には神業でした。
 その後も無事に済んだ回がかえって珍しい感じ。しかし、いずれも声優さんの奇跡的な演技とPのバックアップによって進行がストップすることはありませんでした。

 ですから、ミリオンライブに関しては初代と同じくらいに37人のキャラとPの結びつきは深いのです。
 私はライブビューイングで参加を続けていますが、たしかにPたちの応援は濃い。具体的に言うと真似する者が出てきそうなので言いませんけど、すぐに分かるレベルです。

 そして、やっとの事で本物の武道館で全員公演(4th)。嬉しかったですよ。

 …でもって、完全リセットの今回のシアターデイズ。流れが分かりましたでしょうか。

 ちなみに、上述の文章で分かるように私も元来のミリオンPなのでシアターデイズの設定はかなりショックで、立ち直るには数ヶ月を要すると思います。

 継続するコンテンツというのは常に時代に即して変化して行かないといけません。特に新人の導入が途絶えると、そのコンテンツは衰退する一方になります。
 今回、最もショックを受けているのは多分開発元でしょう。何だ、このリアクションは、だと思います。新時代に入ったのです。シアターデイズのストーリーと同様に、一からすべてを構築しないといけません。それをしなければ、ミリオンライブはおしまいコンテンツになります。幸いにもシンデレラガールズが絶好調だし、タイミングとしては良かったと思います。

ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2059. sideMのスマホリズムゲ... | トップ | 2061. sideMのアクティブが増... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む