まったり アイマス2

アイドルマスター2 超ライトユーザーのプレイ日記

1766. シンデレラガールズ、4th声優ライブ後半、感想その1

2016年10月17日 | 日記

 2016年10月15日(土)と16日(日)にさいたまスーパーアリーナ(SSA)で開催されました。アイドルマスター・シンデレラガールズの単独声優ライブ第4弾のツアー。前半は神戸のアリーナで2回。全公演がライブビューイング有りなので、ものすごい動員数。

 ええと、某サイトでアイマスが軽くアリーナを満席にするコンテンツと紹介されていましたが、それは最近の事です。2014年2月の765オリジナルのSSA公演では、アリーナを満員にできるかどうかでPたちがあらゆる応援をやっていた状態。シンデレラガールズとミリオンライブの力を借りて、やっと埋まった感じ。そして、ライブビューイングは無かったです。
 私はたしか初日に会場で参加しました。シンデレラガールズから選抜が参加してくれて、中央ステージに並んでいたのを思い出します。たしか、旗を持って花道を全力疾走してくれたのはシンデレラガールズ組だったか。華やかでした。

 その直後、2014年4月にシンデレラガールズ単独の1stライブがあって、PS4のVRゲームになっている舞浜アンフィシアターで、ライブビューイング有りでした。
 この頃のシンデレラガールズはソーシャルゲームしか無く、CDはソロ曲主体で出ていたので、765オリジナルと同じくファンサービスの感じが強かったです。ゲームではカードとイベントの立ち絵のキャラたちの代理として、声優さんたちが衣装を着てステージに立ってくださいます。うん、とても嬉しかった記憶があります。

 2014年11月に2nd単独ライブ。この時にびっくりしたのは声優さんたちの演技が生き生きしてきたこと。2015年初頭からアニメ・シンデレラガールズが始まるので、シナリオは渡っているでしょうから、具体的なキャラのイメージが出来上がったのだと思います。この2ndでシンデレラガールズ声優ライブの方向性は確定した感じで、3rd「シンデレラの舞踏会」(2015年11月)は安定した感じでした。
 2015年9月に、スマホアプリ「スターライトステージ」が配信開始。これが大方の従来Pの予想と違って驚異的なヒット。2~3カ月もすると落ち着くかと思ったらびくともせず。約40万人(私の推定)のアクティブユーザーをひっさげて一周年を迎えました。

 まあそんなことで、シンデレラガールズの売り上げは年間で軽く50億円を超えていると思います(あくまで私の推定)。今やアイドルマスターの主軸であり、バンナム内部での存在感は抜群と思います。
 その反作用として、大量のライトユーザーがやってきました。もちろんコンテンツが豊かになるには必要なことなので、古参Pは喜んでいますが、ややバブルの感じもします。
 ソシャゲはいまでもちょっと怪しげなスマホゲームの感じがすると思います。だから、あの頃は落ち着いたものでした。しかし、アニメ化されるとそうも言っていられません。
 アニメ・シンデレラガールズのインパクトは強烈でした。特に第一話の力のこもった感じは、おいおい、この内容で半年間も続けられるのか、で、心配した通り、途中から息切れしました。しかし、シンデレラガールズの存在を世に知らせるには大きな貢献をしたと思います。
 ちなみに、実は765オリジナルにもアニメ(2011年)があって、しかし内容はアニメ評論家には受けない感じの深夜アニメでした。もちろん、古参Pにとってはとても大切な作品です。

 ちっとも4thライブが出てこなくて失礼。次項に続きます。

ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1765. シンデレラガールズ、4... | トップ | 1767. プラチナスターズ、DLC04 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む