Dr.Horiiのひとりごと

徒然なるままにクルマや日々の出来事を書きとめた雑記帳です

FIAT500 Twinair POP 当年モデル

2016-10-12 08:42:11 | 新着入庫

2016y 1オーナー 1.9万km! 車検31/4 

突然入庫した500は今年の4月に下ろしたばかりの極上コンディションです。

ただ、ちょっとしたハンディは走行距離がすでに1.9万kmと尋常ではない多さです。

しかし、決して悲観することはなく、通常の方が2年くらいで走る距離を半年で一気乗りされただけです 

走行距離の分は、もちろん販売価格に反映されて、同年式よりもかなりお財布に優しい価格設定です。

その証拠に、すでにアップしたネット広告では商談が入りました。


952ブルーヴォラーレ


お得なマイナーチェンジモデル


NEWオーディオコントロール


アロイは限定車用純正15にモディファイ               POP標準は14スティール


極上禁煙インテリア


快活TAエンジン


当然町内会長快調 

この固体のコンディションに関しては全く文句がありません。

もっとも少々難があったところで、メーカー保証付きですからNPなんです。

ちょっと今流の小排気量ターボエンジンにDrより一言レクチャーします。

個人的に、この類のアクセレレーションと車速が合わない物体は性に合いませんでした。

500に関しても、コンベンショナルな1.2エンジン(4気筒69PS)を好みました。

実は非公開ながら衝動買いした某ドイツ車も、この類の小排気量ターボで、当初かなり嫌気がさして売り払いたい
心境でした。(諸事情で売却出来ません)

しかし、だんだん慣らされたのか、この違和感満載のエンジンにも、身体が適応するようになりました 

このEngine of The yearにか輝くツインエアーエンジンも、考えようによってはオリジナル500(110F)の持ち味を
よく表現してるのですからネ!。

という訳で、少なくとも1.2の69PSエンジンに比べると、TAの85PSはかなりのパワフル感があります。

違和感は、やがて慣れるでしょうから、快活派の方にはお勧めしたいと思います。


最後に、どうもこの固体の価格設定が安かったのか、何か問題のある固体ではと聞かれました。

もし、お安いなら、メーカー保証ノーリスク故の薄利というのがお答えになります。

前オーナー様は、とても大切に扱われ、思い入れも相当なものでしたが、諸事情にて泣く泣く手放されました。


オーナー様の気配り                      傷なしステップカバーと保護ビニールに注目

この固体は、僅か半年落ちですが、同走行の2~3年落ちの同モデルとの比較対象になるでしょう。

そうであれば、価格差はなく、新しい分だけお買い得というのが大きな取り柄かと思います 


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日は大忙し | トップ | 委託物件売ります! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL