Dr.Horiiのひとりごと

徒然なるままにクルマや日々の出来事を書きとめた雑記帳です

ABARTH 595 YAMAHAはファンツードライブ大賞!

2016-10-14 23:59:39 | 並行輸入車礼賛

ABARTH 595 YAMAHA FACTORY RACING EDITION

今年の数少ないオーダー頂いた並行輸入車です 

不幸にして、例の韓進海運(倒産)の船に積まれたABARTHは入港寸前に立ち往生というトラブルに見舞われました。

スッタもんだで、無駄な時間を費やして、ようやくDrのショップに届きました。

かなりの遅延にも関わらず、一切の苦情を言われなかったオーナー様には感謝というところです。


YAMAHAの証明 

後述するように、このYAMAHAはDrをしてファンツードライブと唸らせる個体でした。

それは、かって体験したABARTHではBESTと言える出来栄えでした!。

エンジンを始動して驚いたのが、車検をパスしたのかと疑うようなボリュームあるエキゾースト音です。

もちろんそれは決して煩いだけはなく快音であるのは言うまでもありません。


ABARTH当年モデルの変更点であるのか不明ですが、少々従来の同バージョンから変わったようです。


アンテナが消えた!                      

アンテナ跡にはABARTの蓋がしてありましたw。


キーOFF時(左)   キーONで一瞬ABARTH(右)


更に画像左より右の通常モードに

やや戸惑うフルデジタルメーターは慣れればそうでもなさそうでした。

ちなみに、タイヤ空気圧も表示されるようです。


赤丸はターボのブースト計


強力160PSサソリパワー 


快音レコルトモンツア


町内会長快調どころではない!?

レコルトモンツアの奏でる快音に、軽快確実なシフトとクラッチ、アイバッハの秀逸なハンドリングに加えて、
乗り心地もノーマル500を凌駕するしなやかさとDrを驚かせました。

とりナマズ、五感に大いに訴えてくれるYAMAHAは、今年のファンツードライブ大賞は間違いありません!。

というか、例の916SPIDER(SOHC)以来に、該当車はありませんでしたが(汗)。

やや派手なABARTHの出で立ちと中身は完全にバランスしたと言っても過言じゃないでしょう。

もうこれはモデルが存続するうちに買うしかありません。

現在ショップ内に保管してありますので、現車とサウンドはデモンストレーション出来まっせ~! 
















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 委託物件売ります! | トップ | フロアマットはこうするアイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL