Dr.Horiiのひとりごと

徒然なるままにクルマや日々の出来事を書きとめた雑記帳です

アルファロメオ博物館

2017-06-14 10:26:44 | イタリア車

歴代のアルファロメオ

現地特派員がアレーゼのアルファロメオ博物館を来訪してリポートが届きました。

因みに、特派員は日本人ですが、中々のエンスーで昔から話が合います。

特派員撮影の画像を中心にお届けします。


初期型アルファスッド1.2

個人的に最も好きなSUDでした。

アンダーパワーでも素晴らしいハンドリングで下り坂は敵なしでした 


アルフェッタ1.8初期型オリジナル

素晴らしいコンディションのようです 

小林彰太郎さんの影響で欲しがったマニアな方は多数居ました。(Drもその一人)


Junior Z

それなりに販売したZですが、最近は余り流通してないようです。

因みに、昔からのアルファ専門店のオヤジはみんなZが好きだそうです。

特に、G33のWさん(故人)は足使いされてたようです。

Drももちろん好きな一台です。


モントリオール

イメージカラーのオレンジです。

日本では不人気でしたが、最近は見直されて来たようです。

因みに販売実績は、残念ながらありません。


超限定の75エボルツオーネ

販売実績は少ないながらあります。

本物よりもエボ仕様では結構売りました 


75シリーズ

嫌ほど販売実績のある75は親近感が湧きます。

理想的な重量配分の代償は余りに大きかったようです。

75のクーペ版でもあれば、かなりの人気が有ったのではないかと思います。


以上のモデルはDrも現役世代でした、

全て、新車のような?素晴らしいコンディションで、このまま持ち帰りたい衝動に駆られますね 


特派員曰く、展示者よりも外に駐車してあるアルファが気になったそうです。

マニアの思いは同じかと思いました。


75V6?


同じく2.0TS?


GTV6!


綺麗な33初期型


156のパトカー


以上、画像提供は長年の付き合いの特派員T君からでした。(画像掲載許可済)


























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日のショップ | トップ | ABARTHにもRIVA仕様デビュー! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イタリア車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL