Dr.Horiiのひとりごと

徒然なるままにクルマや日々の出来事を書きとめた雑記帳です

重たい修理?

2017-06-24 19:23:49 | 修理日記

156SW(Q-SYS)と115SPIDER(珠玉AT)

156SWは他店購入ですが、過去に車検を受け賜りまして、メンテ依頼を任せて貰っております。

今回は、ちょっと面倒なパワステラック不良のオイル漏れと、ブレーキ不良というコストの掛かる依頼事情でした。

新品部品では天文学的な金額になるので、当然お奨めはしませんでした。

そこで、優良な中古品を流用して作業をしました。


ダッシュバラバラの図

ブレーキサーボからエアーを吸っており、ブレーキを踏む度にシュポシュポという異音に加えてエンジンまで
不調になりました。

ブレーキサーボの交換にはダッシュを外す必要がありました 


中古ASSYと交換

本日作業終了しましたが、かなりの時間を費やしました。



ステアリングシャフトが怪しい115SPIDER

自社販売ですが、地方のオーナー様がステアリングホイールを交換するのに、壊されたようです 

パワステ故障のような違和感で、原因がいまいち不明です。


ステアリングシャフトを交換中

分解不可につき中身が見えないので、原因は掴めません。

とりナマズ良品と交換してみようと思います。



GTV6のエンジンを下ろす

常連様より承りましたエンジンO/Hです。

自社輸入車ですが、新車よりエンジンはノンO/Hと思われます。

特に不調と言うほどではありませんが、開け頃とも思われました。


下りたエンジン                 オルタネーター交換済


結構汚いオイル漏れ

こちらは特にチューニングとかはしませんので、自社にてO/Hします。

以上、ちょっと重たい修理のご紹介です。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粛々と124は進捗

2017-06-22 09:19:07 | 雑記帳

お気に入りのカラー?

一見放置状態に見えるDrの個人的趣味で輸入したFIAT124(BC)は少しずつは進捗しております。

一応、レストア路線を敷いてますが、部分的なところを攻めており、肝心のボディレストアはまだ先になる
ようです。

ボディカラーを決める段階では無いのですが、ちょっと妄想を楽しんでるというところです。


FIAT128ラリーと同色?

同じイエローでも似たようなのが何色かあり、どれがどうか区別が付かずに若干頭貝割れ大根化のDrです 

ボディカラーは今後の課題として、少しだけ進捗報告です。


悩んだタイヤサイズ

純正OPTのアロイは5J-13という今では考えられないサイズです。(軽四並み)

オリジナルは165/80という今時ではないサイズですが、当時はミシュランXAS辺りで全くNPでした。

時は変わり、このサイズの入手自体が困難になりました。

個人的には、最強バージョンの1.6ツインキャブ仕様ですから、185/70をチョイスしたかったのです。

ちょっと心配だったのは、5Jのリムではタイヤが張り出して不細工にならないかということでした。


何とか及第点か?

選択したタイヤは若干不本意ですが、BSのスニーカーというエコタイヤです 

よ~く見ると、Sneakerの文字が目障りですが、近くで見ないようにしましょう(笑)。


久しぶりに着地した124


室内側も多少進みました。


ステアリングレストア完成!                 ダッシュはまだ(汗)             

 
以前の状態   

シフトノブも待望の純正品をGETしてご満悦のDrです 

これで、早くダッシュを取り付けたい心境になりました。


fiat 124 coupe in restauration

似たような人を発見!


Fiat 124 Sports Coupe

魅力的な後姿(初期型)

こちらはやや長いのでサワリだけでスルーして下さい。


やはり初期型オリジナルを見ると欲しくなります。

この後期型(Sr2)も悪くはありませんが、早く仕上げて一儲けして売却後に、初期型を買い直す図式を目論む
Drがおりました 。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

指名買い二台

2017-06-21 10:20:50 | 成約御礼

2015y AR GT3.2 6MT 6.9万km 検30/6

アルファGTは一見様からのリクエストで、在庫ショップをご案内頂きました。

特に嬉しいのは、Drのショップから買いたいという条件は、殺し文句に匹敵するものでした 

しかし、ここからが問題で、在庫ショップが業販するか否かと、業販しても条件次第では成立しません。

最悪は、直接買って貰ってメンテはお受けしますと言う路線になるでしょう。

結論から言いますと、保有ショップは比較的良心的に、業販可能だと言ってくれました。

これで決まりかと思ったら、なんとこの個体がAAに出品される情報を掴みました。

AA経由のほうが、絶対的にお財布に優しく購入出来るのですが、競り合えば買えないこともあります。

ちょっと博打的路線ですが、クライエント様との相談では、それでも構わないと言うことになりました。

結果オーライで、無事にお安くAAにてGET出来て、クライエント様にも還元したの言うまでもありません。


全体的に良好

心配したコンディションは、個人買取は満更でもなく、外内装機関とも上々でした。


今後、他店在庫車をDrのショップ経由で買いたいという奇特な方の為にアドバイスします。




■ 直接交渉の前にご相談を

どこのショップでも業販よりも直接販売を優先しますから、直接交渉後に業販して欲しいという後出しジャンケンは
足元を見られたり、業販不可になることが多いです。
一旦、ご相談後に相手先業者さんに打診して、道筋を作れば現車確認等もNPです。


■ 見積もり請求は大丈夫?

半匿名のようなネット見積もり請求はして貰っても結構です。
むしろ総額が判明するので、やり易いとも言えます。
この場合は、相手先業者さんには真剣モードではなく、冷やかし的なほうがbetterです。
その理由は、真剣モードでは直接販売を期待して業販を渋る可能性がありますからw。

 
以上、絶対条件ではありませんが、経験的にスムーズに事が運ぶプロセスとしてアドバイスしました。



2010y VWゴルフトゥーラン 1オーナー3.7万km 検査受

こちらは常連様からのリクエストで仕入れました。

かって、アルファにもお乗りでしたが、家族構成の理由での選択でした。


必須の三列シート

欧州車の小型での三列シートの選択肢は殆ど無いのですね。

ちなみに対抗馬はプジョー308SWでしたが、トゥーランは実績あるのでお勧めしました。

個体のコンディションは上々で、納車整備も最小限で済みそうです。


希少在庫車の販売がメインであっても、お探しにも対応出来ます。

車種は問いませんので、お気軽にご相談下さい。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日は納車DAY

2017-06-20 09:16:09 | 雑記帳

珠玉の159 1750TBi

先週末の日曜日は、売約車を中心に、オーナー様に納車させて頂きました。

1750TBiは比較的高年式でもあり、更に4月には車検も取得していたので、手間要らずの納車でした。



準珠玉のGTV6はダメ出し納車

一旦、納車しましたが、例によって不具合を手直ししての再納車でした。

余り走行には関係ないような手直しでしたが、唯一オルタネーターのチャージ不足が重要課題でした。

こちらは75と同じオルタなので、交換して解決しました。



長期戦だった最終アルフェッタGTV2.0(11636)

長年放置車故に、トランスクスル廻りをメインに相当な手間隙コストを掛けました。

指名買いの個体でしたが、無事に任務を遂行出来たので、肩の荷が下りました。



車検納車のデルタ1.4マルチエアー MT

Dr一押しのバランスの良いデルタです。

自社輸入車でしたが、もっと販売出来れば良かったと若干悔いが残ります。

既に生産終了ですが、価格が合えば中古並行も視野に入れたい気分です。



12ヶ月点検の珠玉のGTV3.0

元より好調な個体で、メンテは最小限で済みました。

素晴らしいコンディションは維持されていました。


以上、日曜日の納車を一部抜粋しましたが、全車無事に帰還されたようで、不幸な電話はありませんでした。

特に、11636GTVとGTV6は、年式的にも心配でしたが、二台とも好調に帰宅出来ましたと連絡を頂きました 











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

珠玉のジュリエッタQV入庫!

2017-06-18 09:01:19 | 新着入庫

2012Y 1オーナー 正規物 6MT LHD 10,600km 検査29/8(応談)

予告どおりにジュリエッタQVが入庫しましたのでご案内します。

ボディは無傷の一級品と言えるコンディションで文句の付け様がありません。

屋内保管の為に、色褪せは限りなくないと思われます。


フルノーマル


色褪せなし?

強いて言うとアロイのガリは少しありますが、それ以外は新車に近いコンディションです。


美し過ぎるインテリア


禁煙車


綺麗なラゲッジ


新車に近いE/Gルーム


パワーシート


豪華フルセット


町内会長快調!

少走行距離かつ保管も万全で、コンディションは良くて当然かもしれません。

正規物のLHDは希少ですから、右手シフトに拘る方にはお勧めです。

車検期限が短いので、受け渡しの予定です。

価格等はお問い合わせ下さい。





























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのご成約(PANDA CROSS)

2017-06-17 07:57:45 | 並行輸入車礼賛

NEW FIAT PANDA CROSS

久しぶりに、突然のご来店から、ほぼ即決して頂きました。

過去に、一台だけ同モデルを輸入しましたが、業者さんに嫁いだので忘れていた存在でした 

今回はもちろん一般ユーザー様で気合が入ります 

オーダーするのに、新たにリストを取り寄せて調べたら、新たなバージョンが加わっておりました。



FIAT PANDA CITY CROSS 1.2 69 ps M/T 4x2

一見四駆ですが、4X2のクロスパーバー仕様です。(何ちゃって四駆

エンジンはベーシックな1.2 69 ps が載ります。









PRICE LIST    現在のラインナップ


SPEC                            DOHC8V→SOHC8V(訂正)



PANDA 4x4


PANDA CROSS







保存版(装備、OPT&カラーリスト)

ALFAROMEO、FIAT等の本国仕様並行輸入車は、30年の実績を誇る業界のパイオニアであるDrのショップに
お任せ下さい 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ABARTHにもRIVA仕様デビュー!

2017-06-15 10:18:19 | 並行輸入車礼賛

いきなり動画ダス(汗)              短いのでご覧下さい

FIAT500に続きABARTHにも高級ヨットメーカーRIVA社とのコラボモデルが発売されました。

いずれもエンジン1.4 TURBO 180psが搭載され、ボディカラーはCOD. 497 BLU/GRIGIO RIVAブルー/グレー
Bカラー限定カラーとなります


PRICE LIST     税込予備検査付















175 ANNIVERSARYは『RIVA社』創立175年を記念したアニバーサリー限定モデルです。

こちらは限定生産175台となり、シリアルナンバープレートには000~175までのナンバーが刻印されます。

ノーマルのRIVALEと比べ、標準装備が多く、ホイールデザインや、ブルー/ブラックレザーインテリア等が異なります。

こちらは限定生産につき、短期間でオーダー枠終了の恐れがあります。ご希望の場合はお早めにお問い合わせください。



保存版 装備&OPTリストもあり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルファロメオ博物館

2017-06-14 10:26:44 | イタリア車

歴代のアルファロメオ

現地特派員がアレーゼのアルファロメオ博物館を来訪してリポートが届きました。

因みに、特派員は日本人ですが、中々のエンスーで昔から話が合います。

特派員撮影の画像を中心にお届けします。


初期型アルファスッド1.2

個人的に最も好きなSUDでした。

アンダーパワーでも素晴らしいハンドリングで下り坂は敵なしでした 


アルフェッタ1.8初期型オリジナル

素晴らしいコンディションのようです 

小林彰太郎さんの影響で欲しがったマニアな方は多数居ました。(Drもその一人)


Junior Z

それなりに販売したZですが、最近は余り流通してないようです。

因みに、昔からのアルファ専門店のオヤジはみんなZが好きだそうです。

特に、G33のWさん(故人)は足使いされてたようです。

Drももちろん好きな一台です。


モントリオール

イメージカラーのオレンジです。

日本では不人気でしたが、最近は見直されて来たようです。

因みに販売実績は、残念ながらありません。


超限定の75エボルツオーネ

販売実績は少ないながらあります。

本物よりもエボ仕様では結構売りました 


75シリーズ

嫌ほど販売実績のある75は親近感が湧きます。

理想的な重量配分の代償は余りに大きかったようです。

75のクーペ版でもあれば、かなりの人気が有ったのではないかと思います。


以上のモデルはDrも現役世代でした、

全て、新車のような?素晴らしいコンディションで、このまま持ち帰りたい衝動に駆られますね 


特派員曰く、展示者よりも外に駐車してあるアルファが気になったそうです。

マニアの思いは同じかと思いました。


75V6?


同じく2.0TS?


GTV6!


綺麗な33初期型


156のパトカー


以上、画像提供は長年の付き合いの特派員T君からでした。(画像掲載許可済)


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日のショップ

2017-06-13 09:09:10 | 雑記帳

近日入庫予定のSPIDER(SOHC V6)

SPIDERのオーナー様は、次に買って頂いたクルマの手続きもありご来店されました。


ツルピカ上々のコンディション 


何でも、例のTSMに参加された帰り道に来られたようです。


特別賞を受賞!

審査員は評論家のN川氏に主催者S氏だそうで、両者とも懇意な間柄ですが、忖度が働いたということはあり
ません(笑)。

ショップの販売したクルマが賞を貰えたと言うのはたいへん嬉しく思います 



珠玉の1750TBi

既にご契約も決済も完了してましたが、オーナー(常連)様はこの日が初めてのご対面でした 

いわば、昔で言う親が決めた結婚みたいなもので、もう引き下がることは出来ません(笑)。

特に、問題なくオーナー様は納得されてたので安心したDrでありました。



FIAT500は商談中に

その前にもご商談があったのですが、現車確認に日数が掛かるので、早いもの順にさせて頂きました。

一番手の方は、今回成約ならなければ買ってくださいw 。(虫が良い?)



準珠玉のGTV6は駄目出し修理

一旦、納車させて頂きましたが、例によって不具合が何点か発生して、再メンテさせて頂きました。

この年式では、やはり駄目出し再メンテは必須の様相を呈しているようです。

基本的には全車クレーム対応させて頂いておりますのでご安心下さい。



数ヶ月前納車の75TS

こちらは、マフラーが脱落してバリバリ状態で入庫しました。

中古良品がストックしてましたので、リーズナブルに交換させて頂きました。



駄目出しの王様75V6エヴォ仕様 

プロペラ不具合でどうしようもなく時間が掛かっており、余りお待たせするのも申し訳ないので、他のアル
ファと交換させて頂きました。

しかし、プロペラ修復は救世主が現れて復活予定です。

近日中に、復活再デビューしますのでご期待下さい。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1750TBiはファンツードライブ大賞候補

2017-06-11 08:06:58 | 雑記帳

珠玉の1750TBi                     

先ず、最初にお詫び申し上げないといけないのは、この個体は新着入庫として格好良くアップ予定でした。

しかし、諸般の事情にて、Drが指名売り?してしまいました 

諸般の事情とは、たまたまこの個体に相応しい常連様がいらっしゃたので、お勧めしたというのが理由です。

珠玉のコンディションかつファンツードライブ大賞候補ですから、買わなければ一生悔いが残りますよとキツ
クリPRしたら買われました 

もう一つの理由は、常連様は必ずショップに戻して頂けると言う商売上の理由もありました。



2012y AR 159 1750TBi 6MT 新車並行 3万km 車検31/4(満タン)

新車として並行輸入された数少ない個体です。(正規輸入なし)

2オーナー車ですが、その大事に扱われたコンディションは珠玉の称号を与えてもバチが当たらないでしょう。


純正19アロイ


フルノーマル


なんとRHD!


綺麗なインテリア


強力200PSエンジン(ターボ)


ファンツードライブ!

商品車としてのデビューは没になりましたが、後学の為に1750TBiのインプレッションをお届けします。

結論から言うと、このモデルはDrをして中々骨のあるモデルであると結論付けしました。

200PSエンジンは、ジュリエッタQVやNEWデルタ(D1ターボAT)に4C(未体験)と同じです。

その中ではパワーの出方が良くて、無駄なく200PSを発揮してると思いました。

特に、D(ダイナミック)レンジとかの切り替えが無いのがbetterです。

1,400rpmから発揮する32kgmのトルクも、エンジンを極めてフレキシブルに仕立て上げております。

故に、結構ズボラな運転も許容してくる上に、踏み込めば200PSを余すことなく発揮してくれる緩急自在の
エンジンです。

絶対的にもかなり速く、235km/hの最高速も伊達ではありません。

同型車をアウトバーンでピックアップした特派員をして速いと言わしめました。


やや渋いシフト                       ノブはノンオリジナル?

渋いのは走行距離が少ないのも一因と思われます。

普段ATを足使いにしている身には、クラッチも重く感じられましたが、やがて身体が馴染んで来たのと、それ
以上に運転が楽しいので気にならなくなりました。


ファンツードイブ要件を満たすのに大事なハンドリングも魅力的なものでした。

FWD的なアンダーステアは切り込むとニュートラルになり、意外とコーナーを卒なくクリアーしてくれます。



純正アロイ+245/40-19                     コンチネンタルタイヤ

このファットなタイヤがコーナーリングに貢献しておるのは疑いない事実でしょう。

特筆すべきはコンチネンタルの乗り心地が良かったことです。

ほぼしなやかと言ってもよいサスペンションです。


ここまで褒めれば、ワテも欲しいと言う読者の方もいらっしゃるでしょう。

特に164QV辺りからの乗り換えには最適かと思います。

しかし、現実的には入手するのが困難です 

先見の姪のないFCJでは輸入されず、なぜかDrのショップでも輸入歴なし(残念)ですから、国内に
生息する1750TBiは稀少です。

現地よりの並行輸入は可能ですが、コストはお勧めできないでしょう。


この個体を常連様に(押し売りのごとく)買っていただいたのは、言わばDrからのプレゼントです 。(僭越ですが)

そして、近い将来戻ってきて、再販出来ると言う商売上の思惑が半分はありました。

何とかもう一台現地からでもGET出来ないかと企てたいDrであります。

























                  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加