アメリカの中古車販売情報

アメリカで売られている中古車情報、アメリカ車等を日本で購入される時の参考等にご覧ください

水素燃料自動車 トヨタ「MIRAI」は日本の未来を世界から孤立させる?

2017-07-17 16:46:27 | 自動車
外車レンタカーをお安く提供、長期特別料金をご用意、外車・高級車レンタカーはデレックス・レンタカー

トヨタ 「MIRAI」水素燃料自動車はアメリカで1990年代中半より発売されると言われ続けて発売されなかった水素燃料電池車が日本のトヨタから販売されていますが

アメリカではハンビーの民生用ハマーH1を水素燃料電池車に改造しアーノルド・シュアルツネッカー氏が水素燃料電池車の広報活動を行っていた時期も有った

映画「誰が電気自動車を殺したか」ではアメリカの場合は水素燃料自動車の水素製造のコストが高くガソリンエンジン自動車と比較するとコスト・パフォーマンスは落ちると指摘(アメリカはガソリンが日本と比べると安い)

水素燃料電池車が製造販売の広報活動は電気自動車潰しと映画では取り上げられています、現在のアメリカでも水素燃料電池車は懐疑的

水素燃料社会は日本独特の文化になるとアメリカのメディアの予想もあるようです
参考サイトhttp://newsphere.jp/business/20151024-1/

日本で現在MIRAIに水素燃料を入れる時に水素にガソリン税に相当する税金が課税さていない
参考サイトhttp://www.car-hokengd.com/saving-ijihi/fuel-compare/
このサイトでは水素自動車1kmあたり約6.6円 電気自動車1kmあたり約1.3円 ガソリン車1kmあたり約8.2円(燃費15.6km/Lで算出 L=129.1円)
ガソリンが高いが水素は課税なしなので日本で水素燃料自動車の方がコストパフォーマンスは優れている
一方ガソリンの安いアメリカは水素燃料の方が映画のようにコストパフォーマンスが悪いという評価でしょう

日本は全部電気自動車になったらガソリンに課税されている税金源を新たな形で徴収を行うと思うので正確なコストパフォーマンスは不明

ガソリン自動車はカール・ベンツ氏が発明され蒸気自動車からガソリン自動車直ぐに代わって今に至ったと僕は思っていましたが
自動車は蒸気自動車や電気自動車も100年前から販売され、蒸気自動車や電気自動車がガソリン自動車より売れていた時期も有った
1911年にセルモーターの発明により大きく流れが変わりガソリン自動車が普及
電気自動車にはエジソン氏が発明したニッケル鉄蓄電池も使用されていた時期も有った

内燃機 自動車製造、ブレーキ、レース場等の歴史年表
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茅ヶ崎市の情報 テレビドラ... | トップ | 茅ヶ崎市の情報 親子食育教室 »

コメントを投稿

自動車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL