* ≪aura≫  INTERVIEW TIME *

 
さっぽろの建築デザイン事務所 『aura』 をめぐる、
発見とくつろぎのインタビュータイムです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆≪aura・インタビュータイム≫ ② 山下さんと、目黒雅叙園 <前編>

2011年11月23日 | ◆AURA主宰 山下一寛さん インタビュー
◆『アウラ・インタビュータイム』◆<2>
“カウンセリング・アーキテクト”山下一寛さん
(アウラ建築設計事務所代表取締役社長)の巻

山下さんと、目黒雅叙園。

長らくごぶさたいたしました。
夏・秋を越え、北海道は、もう雪の季節。
みなさん、いかがお過ごしですか?

ごぶさたしている間に、
山下さんのお仕事を語るに当たって欠かせない場所、
東京・目黒に行ってきました。

JR目黒駅を降りて、


繁華街とは別方向の静かな通りに入り、


途中、道端のお地蔵様にお参りなどしながら




歴史ある坂道を下り、




ふいに現れたる由緒正しきお寺で手を合わせ、










東京の歴史と文化を感じながら進んでいくと、


ついに目的地、『目黒雅叙園』 に到着。

ここは言わずと知れた、日本屈指の結婚式場

建物の中に入ると、そこは……

近代的な外観とは打って変わって、
まるで昔の絵巻物の世界に迷い込んだかのような、

日本伝統美術の粋を集めた、豪華絢爛ワンダーランド!

この日も、平日にも関わらず賑わっていて、


日本の美と粋を尽くしたディスプレイの数々に


みなさんウットリしながら見入ったり、


シャッターを切ったり。

天井も、


お手洗いも、


中庭も、


廊下も、


ガラス窓も、


休憩用のイスも、

思わず大和魂が呼び覚まされてしまう
華やかな日本美に満ちた空間。

ここだけでも素晴らしかったけれど、
日本の歴史的伝統美術を堪能できる空間が他にもたくさんある
知る人ぞ知る美術館のような建物なのです。

今から約20年前、大学を卒業したばかりの山下青年は、
この歴史的な建物のリニューアルプロジェクトに、
若き技術者として加わったとのこと。

その4年間は、仕事上だけでなく、
人生においても大きな発見と学びを得た、
今でも胸が熱くなるような毎日だったそうです。

はてさて、それは、
どんな出逢いと発見の日々だったのでしょうか……?

( <後編> につづく……)



◆*◆INTERVIEW & TEXT By プランナー&ライター はらみづほ◆*◆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆≪aura・インタビュータ... | トップ | ◆≪aura・インタビュータ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む