leka

この世界のどこかに居る似た者達へ。

夕方から明け方まで。

2017-06-18 16:35:47 | music
BABYMETALがアメリカのワンマンライブで、彼女達の2枚目のアルバム「METAL RESISTANCE」のUS盤にしか収録されていない「From Dusk Till Dawn」と言う曲をパフォーマンスしました。

この曲は通常の曲のように、AメロがってBメロがあってサビがあってと言う風には展開しません。

映画のエンディングロールに流れる様な、何か、非現実的な映像の中で流れている様な、とらえどころのない曲でした。
でもでも、すっごくかっこいい曲だと思っていました。
美しくはかなげでありながら、どっしりとした軸があり、破壊力の申し分ない曲です。

曲の性格的にもライブでパフォーマンスされる事は無いだろうなと言う感じでしたが、TEAM BABYMETALはまたもや彼らを愛する人々にとても大きくて重要なプレゼントをしてくれたようです。

この曲が披露された時の動画がいくつもUPされていたので観ました。
この曲が始まると、その時その場に居た人達の驚きと心の震えが伝わって来ました。
そしてそれは段々と大きくなって、SU-METALが天に向かって手を伸ばし美しい高い声で「in the air」と歌った時、強い波動となって一気に噴き出した感じがしました。

両脇のMOAMETALとYUIMETALも両手を天に向かって伸ばし、観客達は導かれるようにコーラスを「oh~ohoh~」と歌い始めました。

私はその声を聴きながら、BABYMETALと言う3人の女の子では重くて開けられない扉があったとしても、いくつもの手が差し伸べられその扉はきっと開いてしまうんだなと思いました。


「FROM DUSK TILL DAWN」とは”夕方から明け方まで”と言う意味です。
このタイトルの映画が昔あって、それは1日のうち暗くなって明るくなるまで活動するバンパイアの映画だったみたいです。



今までは暗くなったら眠たくなって朝まで眠っていたその時間帯に、女の子達は目を覚まして何を見るんでしょう。

その時間に何が起きているのか、どんな者たちが動き回っているのか、知る時が来たのでしょうか。

今までだって普通の女の子が経験しない様な凄い事を目の当たりにして来た彼女達だけど、ここへ来てもう一段階、歩みを進めた気がします。

小さな少女に別れを告げて、うなりをあげて吹く風の中をゆく準備をし始めたのかもしれません。



”明け方”と言うのは夜明けの少し前、まだ空が暗い時間を言う気がします。

何かが生まれる、何かが動き出す、そんな予感の時です。







彼女達の新たなストーリーの始まりにふさわしいパフォーマンスだったと思います。

































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観客もまたプロである。 | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む