新旧の書籍および映画の批評,作品解説.
Augustrait



ある異端者を題材に




 フランス革命、ナポレオン帝政から二月革命にいたる激動の時代のフランス絵画を、近代画の発展の系譜として辿る。ルーヴル美術館に所蔵する73点を展示。


§裁かれるガリレオ 
 ジョゼフ=フルーリ (Joseph-Nicolas Robert-Fleury;1797-1890)の《ヴァティカンの宗教裁判所に引き出されたガリレオ》(1846年)が圧巻である。



 『星界の報告』および「太陽黒点にかんする第二書簡」において、ガリレオ(Galileo Galilei;1564-1642)は1610年、筒眼鏡を使い30倍に拡大した月と木星を観測した。そして木星の4つの衛星(ガリレオ衛星)、月面の凹凸を発見、続いて太陽黒点の観測に成功した。
 これらはコペルニクス(Mikołaj Kopernik;1473-1543)の“仮説”(地動説)に依拠するものであったため、ドミニコ会修道士と論争し、ローマ教皇庁異端審問所から2度の宗教裁判に召喚された。1633年の2度目の異端審問宗教裁判は、ガリレオ有罪の判決を下した。このとき、ガリレオは地動説を捨てることを宣誓させられている。ジョゼフ=フルーリが描いた絵は、まさにこの瞬間なのである。


§「それでも地球は動いている」
 枢機卿と衛兵に挟まれ、聖書に左手を置き、司教たちの監視の下、老天文学者は凄まじい形相でこちらを見ている。それを見下ろすように聖堂に掛かっているのは、ラファエロ(Raffaello Sanzio;1483-1520)《聖体の論議》(1509年)である。
 宗教に科学が敗北した瞬間を示しつつも、ただ一人画面から鑑賞者を凝視するガリレオの姿から、宗教と科学の対立と勝者は、不変ではあり得ないとフルーリは主張したのだろうか。



 余談だが、地動説を捨てることを宣誓させられたガリレオが、宣誓の言葉に続いて小声で「それでも地球は動いている」と呟いたという有名な逸話があるが、これは脚色もはなはだしい。このような言葉を実際にガリレオが言ったのであれば、判決の終身刑は火刑に変更され、ただちに実行されただろう。
 実際に絶対的な人間世界を批判し、無限宇宙論を唱えたブルーノ(Giordano Bruno;1548-1600)は異端の烙印を押され、1600年に火刑に処せられた。ガリレオも彼と同じように強硬な姿勢を貫いたなら、同様の運命を辿ったことは疑い得ない。 

パリ・ルーヴル美術館の秘密 [DVD]
レントラックジャパン

++++++++++++++++++++++++++++++
■ルーヴル美術館展
 主催:横浜美術館(横浜市芸術文化振興財団)/ルーヴル美術
    館/日本テレビ放送網/読売新聞東京本社
 会場:横浜美術館
 期間:7月18日(月)まで開催
横浜美術館




« ▼『猿の惑星』... ■「ドッグヴィ... »