オーディオスペースコア

福井にあるオーディオスペースコアというショップです。
ちょっと拘ったオーディオを楽しんでみませんか?

ナナ・イロのレコーディングに参加しました♪CDアルバム発売中♪

2018-01-16 11:46:02 | ソフト
今回縁あってナナ・イロのアルバムのレコーディング、ミックスダウンに参加させていただくことになりました♪

ナナ・イロとはフジテレビ「めざましどようび」テーマ曲に採用されるなど、全国で活動しているシンガーソングライターです。

今回のニューアルバム「おとのいろ」の全8曲中、1曲目だけですが、オーディオリプラス製の電源タップやケーブル、インシュレーター、特注マイクケーブルなどのアクセサリーを使用して、さらにMIX時のサウンドチェックにオーディオスペースコアのリファレンスシステムを使用して何度もMIXをやり直したという経緯です。

まずはレコーディング風景です♪
スタジオファキュラです♪
























1曲だけにこんなにたくさんの手間隙をかけました。

そして、当店のリファレンスシステムで延べ数日間に渡りサウンドチェック。








マスタリングは東京でしましたが音質を劣化させない為にHDDに収録し運送便でマスタリングスタジオへ!

そして、プレス盤になったときの音色、音質を考慮し、ようやく完成♪






プレス盤も念の為サウンドチェックしました!






私の名前もありました!


先日レコ発のコンサートもご招待いただいたので行って来ました♪


予算も限られた中でしたが、1曲目だけピュアオーディオのサウンドです!笑
ポップスなので誰もが親しみやすい内容です。

今回は1曲目の「いちばんぼし」という曲だけ音質を考慮しましたが、他にも良い曲がたくさんあるので音をもっと良く出来たのに…と思うくらい1曲目は次元が違いますね!

今回は大変貴重な参加をさせていただきました♪

ナナ・イロのアルバムは当店で発売中です♪

2000円税込、発送の場合はゆうメール送料185円プラスの2185円で全国発送いたします!






この記事をはてなブックマークに追加

横浜のお客様宅に納品セッティングしてきました♪

2017-12-23 19:42:06 | お客さま宅
今回は横浜のお客様Y様宅に納品セッティングに来ました!
ほぼ一式なので車に工具や測定器なども一緒に積んで往復1000キロの旅です。

Yさんとのご縁のきっかけは、限られたスペースなのでヘッドフォンで聴いていたそうで 音の良いハイエンドなヘッドフォンやヘッドフォンアンプを色々聴いてきたそうです。でも そんな中やはりスピーカーの音場やステージを再現したく 全国のオーディオショップを色々と聴いて歩いたそうです。しかし、ヘッドフォンの環境で慣れてるとスピーカーで全てを網羅することは難しく どれも納得いかないものばかりでスピーカーを導入することを半ば諦めていたそうです。

そこに当店のコアブログを見て大変興味と共感を得て遠路福井までわざわざご来店に踏み切ったそうです。
そして当店のシステムを色々と試聴して導入を決められたというわけです。
ハードルの高いお客様に決めて頂いたということは大変嬉しいことです。

そんなYさんは今やコアブログは6周目に入ったそうで書いた本人の私より詳しいです。笑

今回は そんなハイエンドヘッドフォンを極めた方にスピーカーシステムを導入して頂いたというわけで かなりのハードルの高いセッティングとなりました!

何故ならヘッドフォンはルームアコースティックの悪影響がなく 音の解像度は極めて高いからです。

音源はPCで既存のシステムを使用して アンプとスピーカーの納品となりました。

スピーカーはディナウディオのC1プラチナム、アンプはオーディオリファインメントのOvertureA1、ケーブル関係はヨルマのUNITY、電源タップなど電源関係、インシュレーター、ルームチューニングはオーディオリプラス、ラックはミュージックツールズです!
C1プラチナムのスピーカーの性能を最大限に発揮できるアクセサリー群を導入してもらいました!



まずは壁コンの交換です。

よくあることなのですが、屋内配線の白と黒はNとLですがブレーカー側で逆につながってる場合があります。
なので念の為テスターで極性をチェックします!




スタンドは純正を使用しますが天板にはゴムがついているのでインシュレーター部分のみ穴を開けます。

そしてスパイクはオーディオリプラス製を使用。




こんな感じで落下防止の為と圧力を調整して音のテンションを最適化します。


ミュージックツールズのお奨めラックです!


電源タップは最新限定のオーディオリプラスのスーパーリファレンスモデル!
















コーナーにはSFC-HDという倍音拡散コーナーチューニングを設置!


これは仮セッティング後に設置しましたが部屋の空気が自由になります!

やはりこれは需品ですね!


スピーカーの位置出しは奇数分割法を使って微調整し、FFTアナライザーでピークとディップをチェック、定在波シミュレーションと照らし合わせして、部屋の特性とスピーカーの干渉ポイントをずらしてセッティングしていきます。


コアベスト2017というデモディスクをUSBメモリーからPCに転送してヒヤリングチェック♪


馴染みの分も考慮してセッティング完了♪
ポイントはエネルギーバランスを整え、全ての帯域において干渉の少ないポイントでセッティングすることです!


Y様には大変喜んでいただけました!!

そして横浜黄昏て(笑)、500キロの帰路につきました。


その後、Y様から色々試していただき次回の計画が着々と進んでおります!
よって1/末にも横浜までお伺いすることになりました!!

今回はどうもありがとうございました♪

つづく…

この記事をはてなブックマークに追加

エアータイト&トランスローター半日通し試聴会でした♪

2017-12-12 12:10:39 | ハイエンド試聴
予定通り月曜PM~という平日試聴を行いましたが事前にブログを見られた方など遠くは東京からご来店いただき、平日ですがたくさんのお客様に試聴していただけました♪

まずは搬入です!








午前中に調整を行いヒーティングで完成♪






スピーカーはYGAcousticsのHAILEY1.2というクロスオーバー位相差5度以下という超難関スピーカーですが、予想以上に上手くなり驚きです♪
特にアナログでの再生はYGの別の顔も見せ魅力的なサウンドを奏でていました♪




いつものテストCDで聴くともちろんFMAやYBA-SIGなどのトランジスターのDFで完璧に近い状態で鳴らすことは出来ないので、特に低域の解像度やテンションは曖昧にはなりますが、それでも真空管の中では抜群の鳴らしっぷりです♪
メーカーさんも今までの中で一番凄いと言ってもらえました♪

こういった平日試聴会もなかなか良いですね♪
これからも企画していきたいと思います♪

この記事をはてなブックマークに追加

スウェーデン製MARTEN社スピーカー試聴できます♪

2017-12-05 10:47:59 | ハイエンド試聴
12/10日曜日まで試聴できます♪

機種はMINGUS QUINTET というスピーカーです。




このメーカーは昔からとても興味がありました。
理由は、
その1:ユニットがあのリンデマンやルーメンホワイトやアバロンなどが採用しているハイスピードで高精度なユニット「Accuton」社を使用しているということです。
このユニットを使っているスピーカーはかなりいい音がしている印象でユニットって大事だなぁ~と思う音なんです。
デンマークのDynaudioもそうですね。

その2:内部配線が「JORMA DESIGN」を使用しているということです。
ヨルマのケーブルの素晴らしさを知っているからこと採用しているのだと思いますね。

その3:キャビネットの仕上げがとても綺麗♪
北欧家具を思わせるラインの美しさと仕上げの美しさは見ているだけでもいいかも!って思いますね。

その4:シングルワイヤーであるということです。
バイワイヤーですとジャンパー線の接点や若干の長さの違いで曖昧な設計なのか?と思ってしまい、本当のスピーカーの性能を引き出すならシングルワイヤーのこだわりを持って欲しいという思いがあります。

以上4点ですが、これだけ興味深いポイントがたくさんあると音もいきなりいい感じですね!
でも…

インシュレーターが性能からくる素晴らしい音をかなりスポイルしていますね…

スパイク受けをリプラスにしただけでビックリするくらいの解像度と緊張感が蘇りました!

この差はスピーカーの性能を物語っていますが、是非この脚は色々やってみたいですね!

あと、セッティングがとてもシビアでわかりやすいです。
YGほど音の厳密さはそれほどではないですが可能性が秘めている感じもありセッティングでこれだけ変化するならベストなセッテイングが見つかりそうですね♪

是非ご興味ある方はご来店いただきご試聴くださいませ♪


この記事をはてなブックマークに追加

エアータイト&トランスローター半日通し試聴会のご案内♪

2017-12-01 12:12:59 | 試聴会のご案内
12/11月曜日ですがお昼から夕方PM7くらいまでエアータイト真空管アンプ、昇圧トランスとトランスローターのアームとアナログプレーヤーの試聴が出来ます♪

特に決まった時間がある訳ではなく通しでいつでも聴いていただけるようにセッティングし、エアータイトの営業の方が来てます。

試聴できる機種は、
アナログクレーヤー:TRANSROTOR社 ZET-3 ¥1,050,000
アーム:TRANSROTOR社 TR-5009 ¥450,000
昇圧トランス:AIR TIGHT社 ATH-3 ¥140,000
プリアンプ(フォノEQ内蔵):ATC-5 ¥740,000 新製品! 
パワーアンプ(モノラル):ATM-3211 ¥4,800,000 ペア 新製品!
と、なります。

スピーカーはコア試聴ルームレファレンススピーカーのYG Acoustics社 HAILEY1.2 ¥5,980,000 ペアを予定しています。

アナログレコードは当店にもありますしエアータイトさんも色々ソフト持って来られます!

是非、12/11月曜日お昼から夜にかけてご来店お待ちしております♪












この記事をはてなブックマークに追加

B&W700シリーズ試聴しました♪

2017-11-28 16:11:42 | ハイエンド試聴
今回はB&Wの702S2と705S2のスピーカー2機種をコアにて試聴しました♪

価格は、
702S2がペア¥600,000(税別)ローズウッドの場合
705S2がペア¥336,000(税別)ピアノブラックの場合
です。

ノーチラスで採用された技術が盛り込まれていますが特にミッドに使われている共通素材、コンティニュアムは最大の特徴かと思います。

正直、705S2は思っていたよりもいいですね♪

何が良いかと言うと、ツィターとウーハーとの音色やテンション、スピードレンジの幅に違和感がないです。
思えば、ノーチラスはツィターがダイヤモンドコーティングのせいか、ミッドとの融合性に違和感があったんですがこれは偶々かいい感じでフルレンジ的に融合していますね!
ダイヤモンドツィターを採用しているスピーカーに共通した違和感があるので自分が思うに素材重視ではなくミッドとの融合性が決め手になるのだと思います。

ただ、キャミネットを含む最低域の解像度がDynaudioのSP40に比べ一気に低いのでコンティニュアムをウーハーに使用している剛性不足から来るものなのか…
聞かせ方はやはりB&Wなので高解像度で表向きの音をクッキリ、ハッキリと表現する方向で、DYNAUDIOは影の部分の解像度が高いのでパッと聴きはB&Wほど解像度ないように聴こえますが深みのある音で、音楽の解像度はDYNAUDIOの凄いところだと改めて思いました。

アキュフェーズでも鳴らしてみました♪

こちらの方が低域の解像度との違和感がなく無難な組み合わせかもですね!

そして、702S2のトールボーイです♪

やはりこの価格帯で3ウェイネットワークはかなり厳しいように思います。
この価格帯は2ウェイで勝負して欲しいと思います。
経験上ですが、この口径のウーハーが3個もついている割に低域が出ませんね。
エンクロジャーの設計など価格的に厳しいのかも知れませんが、この価格帯ならDynaudioのEXCITEの方が最低域の解像度やエネルギーはかなり高いですね。

久し振りに705S2は展示しようかどうしようか悩むほど自分にとって良い製品が出ました♪
バイワイヤーでなければ…

※あくまでもいち販売店の意見に過ぎませんので予めご了承ください。(^・^)

この記事をはてなブックマークに追加

グレートジャズセレクション6予約開始♪

2017-11-17 10:56:15 | ソフト
単品で買い逃した方、レアな定番ジャズの6枚組みセットが限定で発売されます。
コア分で若干数確保しましたので、是非欲しい方はお早めにご連絡をお願いいたします♪

ESOTERIC
SACD/CDハイブリッド『グレート・ジャズ・セレクション 6』(6枚組)

ウィントン・ケリー/ケリー・ブルー
ビル・エヴァンス/ワルツ・フォー・デビイ
ウェス・モンゴメリー/フル・ハウス
バド・パウェル/ザ・シーン・チェンジズ
リー・モーガン/ザ・サイドワインダー
オスカー・ピーターソン/プリーズ・リクエスト

定価:21,667円(税抜)

[発売日]:  2017年12月22日
 
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/esso90173_78/index.html




この記事をはてなブックマークに追加

期間限定!Dynaudioスピーカースタンドプレゼント♪

2017-11-14 20:38:12 | セール!
コア年末年始のセールもそろそろ開始しますが、タイミングよくコアがお奨めしているスピーカー各種を買うとなんと純正スタンドが無料でプレゼントになります!

コアお奨め製品は、
ExciteX14 定価¥160000(ペア・税別)→コア特価¥????さらに!+純正スタンドStand3X¥40000(ペア・税別)無料!!
Contour20 定価¥640000(ペア・税別)→コア特価¥????さらに!+純正スタンドStand6¥65000(ペア・税別)無料!!
ConfidenceC1Platinum 定価¥1100000(ペア・税別)→コア特価¥????さらに!+純正スタンドStand6¥65000(ペア・税別)無料!!

11月3日から2018年1月31日までにご注文いただいた方対象です!

是非この機会にコアでのご注文のご連絡お待ちしております♪



この記事をはてなブックマークに追加

お奨めリファレンスマスタークロック♪

2017-11-13 16:44:00 | コアお奨め!
当方のお世話になっていますお客様からマスタークロックジェネレーターでお奨めがないか?とお問い合わせをいただきました。

実は、マスタークロックジェネレーターってコアでは昔から得意とするジャンルではありますが安価なモデルではどれもいい音が出ず、機種選びもそれっきりとなっていました。

今回お客様からの依頼があったおかげで再度良い製品探しを開始!

結構有名なメーカーで安いクロックありますがまったく良くないという情報もあり色々調べた結果、まずジェネレーターはMUTECのMC-3+USBがコスパ高いということでヒビノに注文!

そしてこれをスーパーなクロックにするためにブリフォニックのO社長に相談しました。
ブリフォニックレコードのOさんと言えば、世界一音の良いレーベルメーカーで、日本にルビジウムを持ち込んだ第一人者です!
マスタークロックに関してはこの方の右に出る方はなかなかいませんので相談して正解でした!

そこで10MのリファレンスクロックをMC-3+USBに繋ぐことで更なるクォリティーアップを図ろうと相談しました。
私の経験上ですが、10Mのリファレンスクロックも既製品は高いだけで変な音色のものが多く、ルビジウムでも全然音の良くないものもたくさんあります。

そこでブリフォニック特注品を依頼!
電源は非常に重要でハイスピード電源も別電源仕様!
内部クロック本体も選択してもらい10日間の校正も終わりバッチリです!!
こちらでコストをかけない分、色々チューニングを施し完成です!!


こちらで手を加えてますが10万円もしません。


あまりに安価なのですが一応dCSのScarlattiClockのリファレンスクロックインに差込、音質チェックしましたが…




いや~~~ビックリです!!!
これは全然凄いです♪

音像がはっきりして奥行きも出るしにじみがないのでリアルそのもの!!
これは150万のdCSの内部クロックではもう戻して聴けません。。
今までこのdCSで数十万~100万以上のリファレンスクロックを入力してみて聴いてきましたがこれはコスパ高すぎます!驚

10万以下ならコスパ高すぎで十分ですが、コアオリジナルなので今後もう少し上のバージョンも視野に入れて導入検討します!!

お客様に報告させていただき、お客様が実際接続される機器を持ってきていただき店頭で比較試聴♪
TASCAMのHS20というSDカードのプレーヤーです!


これに外部クロック入力してどのくらい良くなるのかを検証!

まずはMC-3+USBのみで♪



これだけでもかなり良くなりますね♪
とてもバランスがよく変な音色やにじみが少ないですね!

それにブリフォニック設計のコアオリジナルリファレンス10Mクロックを接続♪






これは良いです!!!
とってもコスパ高すぎますね!!

HS20は10Mのリファレンスクロック入力に対応してないですが、最近のデジタル機器は10Mのリファレンスクロック入力があるのが多いのでコアオリジナルリファレンスクロックだけで良いのでコスパかなり高いです!!

お客様も近年こんなにお買い得な買い物久し振りだと言っていただけました。

今回はお買い上げありがとうございました♪

ご興味ある方はお問い合わせください♪


この記事をはてなブックマークに追加

お奨めCDソフト入荷♪

2017-11-10 19:14:08 | ソフト
オーディオ評論家 傳 信幸さん推薦アルバムです!
ギターを叩いたりする奏法(パウンディングなど)は、今や有名となっていますが、また斬新な奏法をするギタープレイヤーが登場しました。
なんと、ヴァイオリンの弓を使ってギターを弾いています。
弾いているのは、Luca Stricagnoliさん。イタリヤ出身の1991年産まれ(24歳)の若手有力ギターリストです。
10歳のころからクラシックギターをはじめて、他にも柔道に打ち込みながらも、様々な楽器をギターと合わせる技術を少しずつ確立して
いったようです。 パウンディングやタッピングの特殊奏法を得意としている人で、”どうやって弾いているんだ!?”と驚かされます。
また、一人で何でもやってのけてしまう人で、ギターを弾きながら様々な道具や楽器を使って、綺麗で繊細なメロディーを奏でます。

1 Listen Now Feel Good Inc.
2 The Showman
3 Thriller
4 Round Thing
5 Can't Stop Away With The Wind
6 Sweet Child O' mine
7 Stars
8 Misirlou
9 Now We Are Free feat. Meg Pfeiffer

凄い動画はこちらです♪
https://youtu.be/Z6_HlOqy2C0

限定ですのでお早めに♪


この記事をはてなブックマークに追加