集団ストーカーについて

加害者は被害者の悪口を捏造します。被害者を孤立させ、嫌がらせをするためにはどのような汚い手も使ってきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンチカルト

2007-09-26 11:00:09 | Weblog
アンチカルトはカルトは集団ストーカーをやている、という理解がありように思える。

やっているのはカルトだけではない。
黒幕はもっと上の組織だ。
愉快犯もやっている。

被害者はそれぞれ思うところはあるだろう。
だが、解決にむけてたくさんの人に、この犯罪が実際に行われていることを理解してもらわなければならない。
まずはアンチの人から理解してもらうのが良くはないだろうか。
このカルトはありとあらゆる組織に存在しているので、マスコミ、警察が動くのは難しいだろう。
が、多くの人が次にターゲットになるのは自分かもしれないという危機感を覚え、声を上げれば、カルトではないマスコミ人、警察が動くだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犯罪実行組織 | トップ | 「併合時の日本政府から朝鮮... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kiyu)
2007-09-27 11:33:33
被害を訴える先をMixiのアンチ創価コミュニティや
アンチ創価ブログに集中させるという事ですか?
Unknown (M)
2007-09-27 19:04:41
「集団ストーカーの被害に遭っている」

と訴えるのと、

「カルトから集団で嫌がらせをされているようだ」

と訴えた場合、どちらが理解してもらえるかです。
最初から複数の組織から団体で嫌がらせをされている、と訴えるよりは、まずはアンチの人たち、もしくはカルトに良い印象を持っていないであろう人に知ってもらうほうがいいのではないでしょうか。
まずは集団ストーカーという集団での嫌がらせが実際に行われていることを理解してもらうことから始めるほうがいいのではないか、ということです。
Unknown (Unknown)
2007-09-27 22:46:51
納得です。

アクセス数の多そうなアンチカルトブログなどに

被害を訴えるコメントを残す等するのも効果があるかも

しれませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL