札幌市豊平区平岸 美容室オーブ ヘア

TEL 811-5565. 定休日 毎週火曜日 第3月曜日
営業時間 9:30~19:00

パッチテストの義務

2017-04-21 13:02:45 | 美容

カラーリング剤には、厚生労働省から「パッチテスト」の義務があります。

パッチテストとは、かぶれる事がある成分が入っているから、事前にテストしてかぶれない事を確認してから使用してください。

と言うこと。

腕の内側に塗って48時間触れたり、流したりしないでテストをするのです。

出来るかな?

それをカラーリングの度に毎回やる。

出来るかな??

そのパッチテストを義務付けられていないカラー剤もあります。

1.ヘアー マニキュア

2.ブリーチ

3.ライトナー

4.塩基性染料

以外じゃないですか?

ブリーチ剤は義務付けられていないんです。

かぶれがおきる代表的成分は、「ジアミン」(トルエン-2.5-ジアミン他)「アミノフェノール」(メタ-アミノフェノール他)等です。

ブリーチなどにはこの成分が入っていません。

なので、パッチテストが義務付けられていません。

もうひとつ最近のカラー剤で「塩基性染料」のカラー剤もパッチテストが義務付けられていません。

頭皮の弱い私は最近これで白髪染めをしています。

マニキュアと似た感じですが、頭皮に付けられるので根本からしっかり染められます。

皮膚に優しいと言えば「ヘナ」思い浮かべるかもしれませんが、ヘナはパッチテストが必要です。

なぜか?ヘナは「100%ヘナ」と偽っているものが多く、かぶれた人が続出したために義務付けになりました。

粗悪なヘナは染まりが悪いので、ジアミンなどを配合して染まりを良くしています。

ヘナは色々なクオリティーの物があります。安いから良かった!高いから安心!と言うものではありません。

最近良く見かける「和」とか「彩」とか「漢」とか入っている植物由来のカラー剤も、かぶれに繋がる成分が入っています。

イメージだけで流されないように注意してくださいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カットセミナー | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL