趣味人(シュミット)のプラモ食い散らかし!

ワシに舞い降りた( のっけからパクり!)プラモは、武者んよかぁ!( 肥後/熊本ではカッチョえーに同義語の標準語!)

モデラーズ ミーティング イン 熊本

2017年03月21日 | 模型作品展

趣味人(シュミット)のブログへ、
ようこそいらっしゃいました。

三連休中日の19日 日曜日に開催されました、表題の作品展の個人的感想です。

カブリモノスキー氏が中心となり、全てが手探り状態で進行された新しい形式のイベントでしたが、そこは百戦錬磨のカブちゃんの腕の見せどころ。

日本中あらゆる作品展に顔を出している行動力とそこから培われた人脈の広さを活かし、会場の立地/規模の見込みがドンピシャはまり、第一回目の出来栄えとしては成功裏に終わったと言っても過言ではない。

作品展に欠かせない要素を用意周到に手配し、会議室然としたフロアを展示スペース、トークショーのエリアへと、朝一から参加したモデラーを動かし(心地よく協力させ)、あっと言う間に作り上げた。

クラブ単位での開催ではその気の合った会員たちの手により会場作りが成されるが、カブちゃんつながりで集結した一団のモデラーは、ジャンルも地域の垣根も感じることなく、寄り合い所帯のバタバタさは微塵も感じられなかった。

参加者、作品数などの集計は追って報告はされるてあろうが、終始盛況であったことを報告しておきたい。



[ くまもと森都心プラザを熊本駅からの連絡通路より見上げる ]

ツイッター、ブログ等で作品展のレポートがなされ、またそこからカブちゃんつながりの人脈の枝葉が伸び、来年の開催へと実効性が出てくるであろう。

決して体格は大きくはない飄々とした壮年男性ではあるが、ゼロから始動させる1日開催の作品展をやってのける大胆さは、これまでの経験に裏打ちされた緻密な計算からくるもので、臨時に立ち上げたブログには不安な心理状態も少しは垣間見られたが、ふたを開けてみれば何のことはない、作品展を成功させようというモデラー個人個人の思いもしっかりと組み入れていた。

武者んよか男ばい!

作品展終了後、ゲストの山田卓司氏、吉川和篤氏、ボックスアートよりSA編集長、酒豪ミナミちゃん、ゴッドハンド営業部長、ホビーラボ・モケジョ代表、地元フリーペーパー編集者等々を囲んでの懇親会が開かれ、旧知の地元モデラーと共に参加させていただいたが、何よりも無事に終わった安堵感と次回への期待が膨らむ、旨い酒がすすんだひと時を過ごした。



参加者へのお土産

• ’17 3/19 ピンバッジ
• 吉川氏イラストのポストカード
• 工具メーカー ゴッドハンドよりシール
• 同社より神ヤス 各種

次回より出品された中の一部ですが、作品をご紹介していきたいと思います。

最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございました。

ではー(^O^)/

愛あるあなたのピンポンバッヂを
つけてチョ〜↓↓↓↓↓

模型・プラモデルランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日に照準を合わせる←ほん... | トップ | モデラーズ ミーティング イ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL